多摩区版 掲載号:2014年6月27日号 エリアトップへ

川崎市 民生児童委、83人不足 委員会設置し解消めざす

社会

掲載号:2014年6月27日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市内の民生委員と児童委員が不足している。6月1日現在、市内の民生児童委員数は1517人で、定員に対して83人不足している。122人不足していた昨年12月改選時からは改善傾向にあるものの、依然として欠員状態が続いている。

 民生委員と児童委員は、高齢者宅の訪問や子ども達の見守り、子育てや介護等に悩む住民への福祉サービスの紹介など住民と行政を繋ぐ役割を担う非常勤の特別職地方公務員。自治会などの推薦により厚労省から委託を受け無報酬で活動し、3年毎に一斉改選される。

 民生児童委員の定数は、国が各自治体の状況を踏まえ「220〜440世帯に1人」を目安としているが、川崎市は6月1日現在で「488世帯に1人」と大きく不足。定員に対し現員数の値を示す充足率は94・8%(83人欠員)で、20政令市中ワーストだった昨年12月1日改選時の92・4%(122人欠員)から多少改善したものの依然として低い。委員の不足は、一人あたりの活動負担が増える上、地域全体をカバーしきれず他地区からの応援要請が必要になるケースもあるという。

 市では「なり手不足は全国的な傾向。定年後にボランティアとして活動しているメンバーが多いが、近年は65歳まで長く働く人が増えていることも一因では。特に都市部ではその傾向が強く、川崎市も例外ではない」という。

充足率、各区で差も

 また、各区で充足率に差もある。最も高いのは中原区の98・2%(5人欠員)で、低いのは麻生区の79・6%(34人欠員)。この差について市は「長く居住する住民が多い歴史ある街と、転入増の新しい街とでの違いもある」と話す。ある民生委員は「委員の必要性を感じていない人が増えているのかも」と話す。

 こうした状況を踏まえ、次期改選の2016年までに充足率100%を目指そうと、各区委員の代表らが課題解決委員会を発足。なり手不足等の原因を分析し、解決策を話し合っている。市でも、委員の活動を紹介したリーフレットや掲示板、広報などでPRに努めており「民生児童委員は、地域福祉の担い手となるキーパーソン。行政としてはお願いしていく立場だが、やりがいの持てる環境を整えていきたい」と話している。

多摩区版のトップニュース最新6

3公園の将来像考える

登戸土地区画整理

3公園の将来像考える 社会

住民ら28人、意見を集約

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

あす催し、まちに活気を

多摩区観光協会

あす催し、まちに活気を 社会

「緑地と水辺」 拠点に団結

10月16日号

緑地保全へ運動続く

西生田4丁目

緑地保全へ運動続く 社会

今月、歩く会に20人超

10月16日号

逆風も登戸上昇維持

多摩区基準地価

逆風も登戸上昇維持 経済

遊園駅周辺 商業地で顕著

10月9日号

取材・執筆し新聞創刊

市内青少年グループ

取材・執筆し新聞創刊 教育

「子どものまち」活動PRへ

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク