多摩区版 掲載号:2014年9月12日号 エリアトップへ

動物愛護センター 中原区に移転へ 市が方針案示す

掲載号:2014年9月12日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は先月27日、「川崎市動物愛護センター整備における基本方針(案)」を発表した。現在の高津区蟹ヶ谷から中原区上平間に移転する方針。2018年の完成をめざす。市は「環境整備などこれまで以上に気を使い、市民に命の大切さを伝えられるオープンな施設にしていきたい」としている。

 現在のセンターは1974年に建てられ、施設や診療設備の老朽化が進んでいるという。また、殺処分を削減して動物の譲渡を推進するなか、施設内の飼養するスペースが不足し、飼い主に適正な飼養を指導するためのスペースも不足しているという。

 新たなセンターの計画地は、市上下水道局が管理する上平間管理公舎用地の一部。敷地面積は約2500平方メートルで、現在の施設の2倍程度。相談・学習用のセミナースペースを設置し、子ども達に命の大切さを学ぶ機会や動物の適正飼養、しつけ方教室、情報交換などの場として活用する計画。防音、防臭や建物の構造などの対策は今後、検討するという。市は「中心部に位置するため交通の利便性が良く、セミナールーム設置など事業に必要な面積が確保できる」としている。

 市健康福祉局生活衛生課の担当者は「現在のセンターでも動物の衛生管理は徹底して行っている。また安全面でも二重リードなどで対策をしているが、住民の方から意見があれば積極的に伺っていきたい」と話している。

多摩区版のローカルニュース最新6

かもめーるで振り込め防止

登戸郵便局

かもめーるで振り込め防止 社会

多摩署 協賛8社に感謝状

9月20日号

街角ピアノ、川崎駅前に

街角ピアノ、川崎駅前に 文化

市、10月6日まで社会実験

9月20日号

秋の夕刻、涼しく遊び

秋の夕刻、涼しく遊び 社会

緑化センター 初企画で盛況

9月20日号

生田の神輿、盛大に

生田の神輿、盛大に 文化

令和初の「例大祭」

9月20日号

十五夜に紅の明かり

民家園伊那のほおずき提灯

十五夜に紅の明かり 文化

9月20日号

心和む、坐禅と琵琶

心和む、坐禅と琵琶 文化

福昌寺 十五夜に50人

9月20日号

沖縄基地反対、川崎から

沖縄基地反対、川崎から 社会

新市民団体 民意を請願へ

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク