多摩区版 掲載号:2014年10月10日号 エリアトップへ

県内初 にぎわい補助金で市場活性 18日のイベント皮切りに

掲載号:2014年10月10日号

  • LINE
  • hatena
毎週土曜日に開催されている一般消費者向けイベント「関連・朝市」
毎週土曜日に開催されている一般消費者向けイベント「関連・朝市」

 川崎市中央卸売北部市場商業協同組合(齊藤幸雄理事長・宮前区水沢1の1)は地域商店街活性化事業(にぎわい補助金)を活用した集客イベントに乗り出す。18日のイベントを皮切りに年末まで順次開く。市場の組合が交付を受けるのは県内で初。

 同組合は川崎市中央卸売北部市場内で食品、加工食品、衣料、雑貨など関連商品を扱う。現在、65店が加盟している。地域貢献と市場の活性化を目的に開催している一般消費者向けの土曜朝市はすでに200回を超え、名物イベントとして毎回多くの市民が訪れる。

 今回、補助金を受けて行う「人でにぎわう市場の実現」事業は、この朝市を基に催し物を増やし拡大したものとなる。

 近年、市場を介さない流通が増え、業務筋の顧客離れが懸念される中、イベントによる一般消費者を呼び込み、活性化を図ることを目的としている。

 イベント内容は親子連れで楽しめる縁日や、市場内に特設リングを設けたプロレス、市場の食材を使った料理教室、景品を用意した1カ月にも及ぶ年末大売り出しなど。

 その他、組合オリジナルのスタンプカードや組合加盟店の所在がわかるマップの配布、空き店舗を活用した「憩いの場」の設置も予定している。

 「北部市場を『市民の台所』として改めて理解してもらうため、皆で知恵を絞り多彩な企画を用意した。この機会に市場の魅力を感じてほしい」と齊藤理事長。

多摩区版のトップニュース最新6

20年ぶり計画改定へ

小沢城址緑地保全

20年ぶり計画改定へ 社会

「里山の会」意見交わし

11月27日号

区内13カ所に差別落書き

区内13カ所に差別落書き 社会

三田第4公園ベンチなど

11月27日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

20年前と未来、思う

子ども会稲田部会

20年前と未来、思う 教育

70周年でタイムカプセル

11月20日号

にぎわいの3連休へ

向ヶ丘遊園生田緑地

にぎわいの3連休へ コミュニティ社会

2つの催し 地元店一丸で

11月13日号

終電 来春20分繰り上げ

小田急電鉄

終電 来春20分繰り上げ 経済

登戸など区内駅も影響

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク