多摩区版 掲載号:2014年10月24日号 エリアトップへ

市政報告 空き家問題対策に向けて 川崎市議会議員 自民党 ひろた健一

掲載号:2014年10月24日号

  • LINE
  • hatena

 現在、全国的に空き家が増えていることが問題になっています。適切な管理が行われていない空き家は火災の恐れやゴミの不法投棄などの問題があり、景観・衛生・防犯・防災の面で地域社会に影響を及ぼします。

 全国では820万戸の空き家があるとされています。総務省の調べによると、空き家はこの20年で1・8倍と増えています。川崎市ではその中でも倒壊や保安上の危険性、衛生上の有害性のあるものを特定空き家としています。355の市町村で空き家条例が制定されていますが、川崎市ではまだありません。近隣では横浜市、相模原市、横須賀市で制定しているか検討中の段階です。

 こういった現状を踏まえ、川崎市議会議員の有志でつくる「空き家対策勉強会」が先月から始まりました。座長の私を含め自民2人、公明2人、民主2人、共産1人、新しい川崎の会1人が参加しています。他の自治体の対策を学び、識者から意見を聞きながら今後検討を重ねていきたいと考えています。

 どのような対策が望ましいかは今後検討していきますが、具体的には取り壊し費用の助成や取り壊しを行政が執行する場合の法的根拠の整備などが考えられます。但し、空き家問題は「そもそも何を持って空き家とするのか」という問題もあります。条例化への課題は、空き家とはいえ私有財産であることと、所有者を突き止めることの難しさ、特定空き家の定義がないこと、取り壊し費用の公平性が問われるなどの課題があります。川崎市住宅供給公社では、住まなくなった自宅を借り上げ、賃貸として子育て世代など必要としている人に貸すなどの制度もあります。こうした活動への支援も有効と考えます。他の自治体の例では、空き家を撤去し、公園を設けた例もあり、様々な対策が考えられます。

 色々な方向から検討を重ね、有効な対策になるように話し合いたいと思います。

別荘や借主のいない賃貸住宅の増加も含まれているが、注目すべきは「その他の住宅」の項目。人が住んでいない状態が長く続いており、いわゆる「空き家」に該当する
別荘や借主のいない賃貸住宅の増加も含まれているが、注目すべきは「その他の住宅」の項目。人が住んでいない状態が長く続いており、いわゆる「空き家」に該当する

ひろた健一

TEL:044-200-3357

http://xn--f9jubzer12mtrc.net/

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

本市の空き家対策の現状と課題

市政報告

本市の空き家対策の現状と課題

川崎市議会議員みらい川崎市議会議員団露木 明美

7月12日号

かかりつけ薬剤師・薬局を

意見広告

かかりつけ薬剤師・薬局を

日本薬剤師連盟副会長 本田 あきこ

6月28日号

多様性認め合う社会へ

意見広告

多様性認め合う社会へ

行政書士 澁谷貢

6月28日号

「令和」新時代迎える

「令和」新時代迎える

”人づくりなくして国づくりなし” 衆議院議員 笠 浩史(りゅう ひろふみ)

5月1日号

高齢者施策に全力、国と連携強化

「すがわら進」市政報告

高齢者施策に全力、国と連携強化

地域資源生かし 「住みよい多摩区」へ

4月19日号

救急医療体制に新たな課題

市政報告 川崎市議会議員 三宅 隆介

救急医療体制に新たな課題

― 高齢者福祉施設からの救急搬送が急増―

3月22日号

私たちの町「多摩区」を誇れる町に

意見広告

私たちの町「多摩区」を誇れる町に

自民党川崎市連合支部青年局次長自民党川崎市多摩区第6支部長 上原まさひろ

3月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

4日間のスポーツ体験

4日間のスポーツ体験

夏恒例、無料イベント

7月23日~7月26日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク