多摩区版 掲載号:2014年10月31日号 エリアトップへ

土砂災害 マップで「危険認識を」 広島を教訓に市が説明会

掲載号:2014年10月31日号

  • LINE
  • hatena
説明会の日程
説明会の日程

 川崎市は31日から、広島市で発生した土砂災害を受けて、土砂災害ハザードマップに関する市民向け説明会を開催する。市内には759の土砂災害警戒区域が指定されており、ハザードマップの活用を促進し、土砂災害に対する市民の認識を高めるのが狙い。こうした取り組みは市内で初めて。

 土砂災害ハザードマップには、今年4月18日に新たに指定された48区域を含む759の土砂災害警戒区域や急傾斜地崩壊危険区域、避難所などが示されている。市内では麻生区で302、多摩区で179、宮前区で166、高津区で97、中原区で8、幸区で7の警戒区域が指定されている。

 ハザードマップを担当する市まちづくり局宅地防災担当は、市民に対するハザードマップそのものの周知はある程度行き届いているが、その内容や使い方があまり周知されていないと考え、説明会を企画した。

 説明会では、警戒区域や避難所などが記されている土砂災害ハザードマップの見方や活用方法、近年の土砂災害の発生件数や発生状況のほか、緊急時の対応や防災情報の入手方法、日ごろからの備え、市の制度などを紹介する。

 同局宅地防災担当は「改めて自宅の周辺の状況を確認していただきたい。市内では土地の形状からして、広島のような土石流は考えられないが、崖崩れには警戒していただきたい」としている。

 ハザードマップについては、市のホームページで今年4月に新たに指定された警戒区域を反映したものが確認できるが、現在各区役所で配布されているのは2011年7月に発行されたもの。新たな警戒区域を反映した配布用のハザードマップは12月に完成予定としている。

 説明会は表の日程で行われ、開催時間は午後6時から7時30分まで。各回定員100人。入場無料(先着順)。申込み不要。全6回とも内容は同じ。

 問合せは市宅地防災担当(【電話】044・200・3035)へ。
 

多摩区版のトップニュース最新6

紙人形劇で情報発信

生田緑地

紙人形劇で情報発信 社会

手作り動画、職員が声出演

10月15日号

謎解き、生田・長沢で

多摩区主催

謎解き、生田・長沢で 文化

「令和」 揮毫(きごう) 茂住さんの題字 目印に

10月15日号

住宅地 上昇傾向戻る

多摩区基準地価

住宅地 上昇傾向戻る 社会

5地点は下落、広がる地域差

10月8日号

1,200人に職域接種

多摩区食品衛生協会

1,200人に職域接種 社会

コロナワクチン 柏屋が会場

10月8日号

13企業・団体が講師に

市SDGsパートナー

13企業・団体が講師に 教育

多摩高280人へ出前授業

10月1日号

支援つなぎ、食料学生へ

専修大

支援つなぎ、食料学生へ コミュニティ教育

区内有志の活動 契機に

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook