多摩区版 掲載号:2014年10月31日号 エリアトップへ

土砂災害 マップで「危険認識を」 広島を教訓に市が説明会

掲載号:2014年10月31日号

  • LINE
  • hatena
説明会の日程
説明会の日程

 川崎市は31日から、広島市で発生した土砂災害を受けて、土砂災害ハザードマップに関する市民向け説明会を開催する。市内には759の土砂災害警戒区域が指定されており、ハザードマップの活用を促進し、土砂災害に対する市民の認識を高めるのが狙い。こうした取り組みは市内で初めて。

 土砂災害ハザードマップには、今年4月18日に新たに指定された48区域を含む759の土砂災害警戒区域や急傾斜地崩壊危険区域、避難所などが示されている。市内では麻生区で302、多摩区で179、宮前区で166、高津区で97、中原区で8、幸区で7の警戒区域が指定されている。

 ハザードマップを担当する市まちづくり局宅地防災担当は、市民に対するハザードマップそのものの周知はある程度行き届いているが、その内容や使い方があまり周知されていないと考え、説明会を企画した。

 説明会では、警戒区域や避難所などが記されている土砂災害ハザードマップの見方や活用方法、近年の土砂災害の発生件数や発生状況のほか、緊急時の対応や防災情報の入手方法、日ごろからの備え、市の制度などを紹介する。

 同局宅地防災担当は「改めて自宅の周辺の状況を確認していただきたい。市内では土地の形状からして、広島のような土石流は考えられないが、崖崩れには警戒していただきたい」としている。

 ハザードマップについては、市のホームページで今年4月に新たに指定された警戒区域を反映したものが確認できるが、現在各区役所で配布されているのは2011年7月に発行されたもの。新たな警戒区域を反映した配布用のハザードマップは12月に完成予定としている。

 説明会は表の日程で行われ、開催時間は午後6時から7時30分まで。各回定員100人。入場無料(先着順)。申込み不要。全6回とも内容は同じ。

 問合せは市宅地防災担当(【電話】044・200・3035)へ。
 

多摩区版のトップニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月18日号

キャッシュレスに賛否

多摩区商連

キャッシュレスに賛否 経済

導入伸びず、「様子見」多数

10月11日号

市立校、半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校、半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月11日号

菅住宅地、51位が7位に

基準地価上昇率 登戸も高騰

菅住宅地、51位が7位に 社会

10月4日号

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ

生田浄水場用地

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ 社会

市、22年 新施設完成めざす

10月4日号

南房総に支援物資

多摩区有志

南房総に支援物資 社会

トカイナカ 西山さんら結束

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク