多摩区版 掲載号:2014年10月31日号 エリアトップへ

4月に発足した多摩区観光協会ガイド部会の部会長を務める 櫻木 進さん 菅北浦在住 78歳

掲載号:2014年10月31日号

  • LINE
  • hatena

世話になった地に恩返し

 ○…今年4月に発足した多摩区観光協会のガイド部会で初代部会長を務める。多摩区の魅力を伝えるため、観光ガイドセミナーを受けたメンバー20人余りがボランティアガイドとして活動している。年間を通し、区内の梨狩りバスツアーや小沢城址をめぐるウオーキングツアーを企画し、開催。「多摩の魅力は新旧が織り交ざっているところ。昔から住んでいる人も、新しく来た人もみんな親切」

 ○…ガイドとして大切なのは「知識をひけらかさずに、わかり易い説明で短く伝えること」と考えている。案内中の説明が知ったかぶりになっていないか、事故や危険に気を配れていたか、ツアー後に反省会を開く。「お客様の目を見て話す」「説明は3分以内」として「ガイド部会として意思統一していきたい」と語る。「住んでいても地元を知らない人は多い。ツアーに参加する人は元気で区内に興味がある人。その興味に応えるのがガイドの役割」

 ○…大学卒業後、市の職員として平間浄水場に勤務した。30代の時、公害局(当時)が発足し、配属された。工業地帯の煙や工事現場の騒音について、市民と企業との間で仲裁・説明役として市内中を駆け巡った。影響を受けたのは公害局で出会った上司や同僚。仕事や市民に対する真摯な姿勢や一生懸命さに胸を打たれた。「たくさんのことを学び、いろんな人にお世話になった。いつか恩返しがしたいと思っていた」

 ○…60代になってからは町会活動や老人会、子どもたちへの読み聞かせ活動といった地域活動に積極的に参加している。6年前に第1回川崎市産業観光検定を受け、初級に合格。臨海部の工場夜景ツアーでガイド役を務めた。「いろいろと怒られた思い出の場所を案内するのは感慨深かった」と振り返る。趣味はカメラ。30代で撮影した川崎の風景が「かわさき市美術展」の特選に選ばれたのをきっかけに、今でも川崎の風景を撮り続けている。
 

多摩区版の人物風土記最新6

茂住 菁邨(せいそん)さん(本名:茂住 修身)

書家で、元号「令和」発表時に墨書を揮毫(きごう)した

茂住 菁邨(せいそん)さん(本名:茂住 修身)

南生田在住 65歳

10月15日号

三平 雅美さん

区役所通り登栄会商店街振興組合の理事長で、登戸のまち活性化に努める

三平 雅美さん

登戸在住 58歳

10月1日号

星川 光明さん

多摩区暴力団等排除協議会の会長を務めて12年目になる

星川 光明さん

菅北浦在住 61歳

9月24日号

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

音楽家で「1000人合唱」プロジェクトを企画した

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

西生田在住 47歳

9月17日号

岸 忠宏さん

多摩区医師会の会長に就き、3年目を迎えた

岸 忠宏さん

栗谷在住 62歳

9月10日号

田中 輝夫さん

多摩消防ボランティア委員会の委員長を今年度から務める

田中 輝夫さん

南生田在住 72歳

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook