多摩区版 掲載号:2014年12月26日号 エリアトップへ

「音楽で街の活力と潤いを」 市音楽振興議連が設立

政治

掲載号:2014年12月26日号

  • LINE
  • hatena
挨拶に立つ鏑木市議
挨拶に立つ鏑木市議

 川崎市が2004年から進める「音楽のまち かわさき」をさらに推進しようと川崎市議会議員51人が12月17日、川崎市音楽振興議員連盟を立ち上げた。音楽を中心とした芸術や市民文化の更なる振興を図っていく。

 この日行われた総会には、40人の会員が出席。役員の選出や会則、予算などが審議され、満場一致で可決された。

 会長に選出され挨拶に立った鏑木茂哉市議は「多くの賛同議員があつまった。市内にある音楽資源を使って『音楽のまち かわさき』を市内外に発信していきたい」と意気込みを語った。

 川崎市内には、ミューザ川崎シンフォニーホールをはじめ、洗足学園音楽大学や昭和音楽大学、さらには4つの市民オーケストラ、150をこえる市民合唱団・吹奏楽団が活躍するなど数多くの音楽資源が存在しており、市も04年から音楽を中心とした活力とうるおいある地域社会づくりを進めている。 

 選出された役員は次のとおり。カッコ内は会派名。敬称略▽会長=鏑木茂哉(自民)▽副会長=岩崎善幸(公明)、東正則(民主)▽事務局長=山崎直史(自民)▽会計=吉田史子(新しい川崎の会)▽監事=大庭裕子(共産)

多摩区版のローカルニュース最新6

スケッチ 身近な景色

スケッチ 身近な景色 文化

せせらぎ館 30日まで展示

1月14日号

市内施設に物資寄付

商議所女性会

市内施設に物資寄付 社会

ベビー服や消耗品、480点

1月14日号

スマホで簡単、確定申告

川崎新田ジム

スマホで簡単、確定申告 スポーツ

古橋・黒田・伊佐 3選手がPR

1月14日号

応援券利用42億円超え

応援券利用42億円超え 経済

多摩区は5億円

1月14日号

景況感 改善も厳しく

市内中小企業

景況感 改善も厳しく 経済

川信調査 後退の見通し

1月14日号

看護職の将来設計を

看護職の将来設計を 社会

市協会、2月に座談会

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook