多摩区版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

「ギンガ」が大島へ嫁入り 夢見ヶ崎レッサーパンダ

社会

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena
愛らしい仕草が人気のギンガ
愛らしい仕草が人気のギンガ

 夢見ヶ崎動物公園(幸区)で生まれ育ったレッサーパンダの「ギンガ」(1歳7か月)が2月18日、東京都立大島公園(大島町)に”嫁入り”した。最後の展示となった17日、一目見ようと多くの市民が来場し、別れを惜しんだ。

 別れを惜しむかのような雨模様の中、多くの来場者がレッサーパンダの獣舎を訪れた。幸区内に住む男性は「子どもの頃から成長を見てきたし、やっぱり寂しいよね」と話していた。「ギンガがいなくなっちゃうの嫌だ」という子どもの声も聞かれた。

 「ギンガ」は、2013年7月1日に父ファファ(4歳)と母アン(同)の間に誕生。当初、動物園側は雄と判断し「男らしい名前を」と市民から広く名前を募集した。1624通の応募の中から「ギンガ」と名付けたが、14年の健康診断の際に雌だったことが判明。改名も検討されたが、すでに来園者に親しまれていたこともあり、名前を変えず展示してきた。現在は身長60センチ、体重約6キロ。人間に例えると20代という。

 東京都の大島町にある大島公園では、「コジロウ」(2歳)とペアになる予定で、同動物公園では「早く新しい環境に慣れて元気な赤ちゃんを産んでほしい」と期待を寄せている。

 夢見ヶ崎動物公園によると、中国やインド、ネパールなどの高地に棲息している野生のレッサーパンダは現在、5000頭を下回り、絶滅の恐れがある希少種となっているという。日本では種の保存を目的に、動物園同士が連携して繁殖に努めているという。夢見ヶ崎動物公園では、すでに12年に同じファファとアンの間に生まれた雄の「カリン」を繁殖のため千葉県の市川動植物園に移している。

多摩区版のローカルニュース最新6

オケや合唱バレエ集う

市民芸術祭・舞台

オケや合唱バレエ集う 文化

2月21日号

母の「看取り」演じる

母の「看取り」演じる 文化

俳優・水島涼太さん 市内で初公演

2月21日号

ネット申告をPR

ネット申告をPR 経済

ボクサーが西税務署に

2月21日号

「安心した」が率直な気持ち

小金沢昇司さん 特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

2月21日号

「はなもす」今年も

区観光協会

「はなもす」今年も 文化

巻頭特集でオリパラ

2月21日号

4カ国、多摩区で交流

清掃体験と農家めし

4カ国、多摩区で交流 社会

2月21日号

要支援以上は7768人

多摩区高齢者人口

要支援以上は7768人 社会

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク