多摩区版 掲載号:2015年3月13日号 エリアトップへ

災害に備え物資備蓄 赤十字県支部の取組み

社会

掲載号:2015年3月13日号

  • LINE
  • hatena
支部に展示されている救援物資
支部に展示されている救援物資

 東日本大震災から4年。日本赤十字社神奈川県支部ではいつ災害が起きても対応できるよう救援物資を常時備蓄している。

 救援物資は災害に応じて「毛布」や「緊急セット」、「安眠セット」などが被災者に配られる。緊急セットには食器や携帯ラジオ、懐中電灯等。安眠セットにはマットや枕、耳栓、アイマスクなど避難所でも睡眠が取れるよう配慮されている。

 中区の県支部内の情報プラザでは救援物資の見本を展示。支部では「救援物資は皆さまからの寄付で成り立っています。災害時に何が必要になるか、セットにどんなものが入っているかぜひ見学して頂ければ」と話している。(問)【電話】045・681・2123
 

多摩区版のローカルニュース最新6

新1年生に登校グッズ

新1年生に登校グッズ 社会

JAら、交通安全願い

4月10日号

園児の手荒れ ケアを

園児の手荒れ ケアを 社会

ユースキン ハンドクリーム寄付

4月10日号

用水路 早期対策を

用水路 早期対策を 社会

菅稲田堤 市民団体が陳情・署名

4月10日号

助け合い「号外」続く

助け合い「号外」続く 社会

長沢まち協 マスク作り方配布

4月10日号

大学連携成果を報告

大学連携成果を報告 教育

区サイトで

4月10日号

新装で心機一転

多摩消防団中野島班

新装で心機一転 社会

4月10日号

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月10日号

お問い合わせ

外部リンク