多摩区版 掲載号:2015年3月13日号 エリアトップへ

市政報告 行き場のない患者をつくらないために戦略的地域医療の提言 川崎市議会議員 三宅隆介

掲載号:2015年3月13日号

  • LINE
  • hatena

 私たちの住む多摩区は、医療計画上は「川崎北部医療圏」に属している。

 この地域は人口あたりの療養病床が極端に少ない地域である為、多摩区に住む高齢患者の地元病院への入院を困難にしている。

 驚くべきことに、この地域の入院患者のうち、31・5%が市外居住者となっており、その事がまた多摩区に住む患者の行き場を一層狭めている。

 因みに私は、療養病床の少なさが救急車の現場滞在時間を長くしていることを既に議会で証明した。その解決策として『重症患者救急対応病院』を創設するに至って、救急車で病院に運ばれるまでの待機時間は劇的に改善した。

 一方、新たな問題として、本市には791床の余剰病床が生じているのだが、病床の利用率は近隣医療圏でほぼ最低となっている。新法が制定され、利用率の低い医療圏の病床は減らされる可能性がある。病床は貴重な公共財であり、これ以上の削減は市民利益に反する。

 入院したいが病床が足りない・・・なのに利用されていない病床が多い・・・、という奇妙な現象は、医療政策上の最大の矛盾である。

 原因は明白で、他の医療圏からの流入患者を含めた医療需給のミスマッチにある。 よって、それを解消する為には、県が策定しようとしている医療構想に、本市の実状に合った取組をいかに盛り込むかが重要となる。

 私は、病床の効率的な運用計画を含め、戦略的な解決策を引き続き市議会において建言し、医療政策の抱える様々な矛盾を解消していく決意である。
 

三宅隆介

川崎市多摩区中野島 3-15-38-403

TEL:044-934-3302

http://ryusuke.weblogs.jp/

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

生田浄水場用地の有効活用計画がすすむ!

市政報告

生田浄水場用地の有効活用計画がすすむ!

川崎市議会議員 みらい川崎市議会議員団 露木 明美

11月8日号

台風19号被災・地元で得た知見をオール川崎の防災指針に

市政報告

台風19号被災・地元で得た知見をオール川崎の防災指針に

川崎市議会議員 上原まさひろ

11月1日号

通学路 安全対策の強化を!!

市政報告

通学路 安全対策の強化を!!

公明党 川崎市議会議員 河野(こうの)ゆかり

10月18日号

犯罪被害者への支援を確実に!早急に!

市政報告

犯罪被害者への支援を確実に!早急に!

川崎市議会議員みらい川崎市議会議員団露木 明美

10月11日号

災害対策・登戸区画整理の安全対策に注力

市政報告Vol.1

災害対策・登戸区画整理の安全対策に注力

川崎市議会議員 吉沢章子

8月9日号

どこよりも子育てしやすく、子育て世代に選ばれるまちづくり

市政報告

どこよりも子育てしやすく、子育て世代に選ばれるまちづくり

川崎市議会議員 かがみまさひこ

7月26日号

本市の空き家対策の現状と課題

市政報告

本市の空き家対策の現状と課題

川崎市議会議員みらい川崎市議会議員団露木 明美

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク