多摩区版 掲載号:2015年3月20日号 エリアトップへ

川崎市 DV防止の基本計画策定 数値目標掲げ、相談強化

社会

掲載号:2015年3月20日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市はDV防止・被害者支援基本計画を策定し、11日に発表した。社会問題化するDV(ドメスティック・バイオレンス)を防ごうと、相談できる環境を整えるため、相談窓口の機能を強化し、新たな数値目標を盛り込んだ。

 計画期間は今年4月から2019年度までの5年間。DVを犯罪となる行為を含む重大な人権侵害として、「DV被害者の安全確保と支援体制の充実」「自立支援の促進」「関係機関・民間団体との連携・協力」「DVを許さない社会づくりの推進」を基本目標に掲げた。

 DV被害者は、転居が困難なケースや経済的に困窮しているケースも多いため、計画では関係機関との連携強化を盛り込んだ12の施策目標も設定した。

 2013年度の市の調査では過去10年間で最多の1455件の相談が寄せられた。14年度のアンケート調査によると、DVの被害にあいながら「誰にも相談しなかった」と答えた人が57・4%に及ぶことが分かった。夫婦間の「平手で打つ」という行為をDVと認識している人は72・8%、「殴るふりをして脅す」は62・3%でDVの認識が広がらない実態も浮き彫りとなった。

 新たな計画では、2018年度までに相談しなかった人の割合を半減、「平手打ち」をDVと認識する割合を100%に近づけるという数値目標も設定。区の保健福祉センターの相談機能や新たに整備する総合的な窓口機能と合わせて相談機能の強化を図る計画。男性を対象とした電話相談窓口も設置するという。

 市はこれまで、被害者の安全面を考慮して相談場所は非公開としてきた経緯があり、積極的な広報をしてこなかったという。

 市の担当者は「相談件数が増えた理由は様々な原因が考えられるが、DVへの認知が増えたことが背景にあるのかもしれない。命に係わることになるかもしれないので、まずは相談してほしい」と話している。
 

多摩区版のトップニュース最新6

オンライン稽古で成果

剣桜会

オンライン稽古で成果 スポーツ

「基礎」着々と、週1回継続

8月7日号

街路灯「維持費に重荷」

市商連

街路灯「維持費に重荷」 社会

補助金増額、市へ求め

8月7日号

10月、緑地・水辺つなぐ

多摩区観光協会

10月、緑地・水辺つなぐ 社会

初の催し 周遊で商店活性

7月31日号

「マスク不着用、理解を」

「マスク不着用、理解を」 社会

友人グループ 意思表示バッジ配布

7月31日号

銭湯絵師が創作実演

読売ランド前どろんこ保育園

銭湯絵師が創作実演 文化

丸山清人さん 「富士山」描く

7月24日号

市、農地保全へ分岐点

生産緑地22年問題

市、農地保全へ分岐点 社会

「特定」申請 周知進め

7月24日号

あっとほーむデスク

  • 8月7日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

  • 7月24日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク