多摩区版 掲載号:2015年3月20日号 エリアトップへ

意見広告 既得権益をノックアウト 維新の党 多摩区担当政策委員 田倉俊輔

掲載号:2015年3月20日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市には維新の党の「身を切る改革」、「行財政改革」を始めることが重要です。多摩区は市内でも先駆けて人口減少局面に入ります。だからこそ今すぐ、行政の無駄を削り財源を生み出す取組をはじめることが必要です。

 なぜなら、川崎市の予算を見ると、毎年度連続して固定的に支出される経費の比率が95%近くに達し、財政面からみると新しい政策を実現していく自由度が非常に低いからです。

 これにより生まれる財源で、地域の皆様が感じる現場の課題の解決に繋げていくべきだと考えます。

 私は2年間、前衆議院議員椎名つよしの秘書として様々な市民の声を伺ってまいりました。

 例えば、子どもを持つ30代の女性は「保育園の待機児童解消は大切だが、そもそも子どもを産む場所が区内に3カ所しかない。産みたくても諦めている人達がいる」と、出産・子育ての環境が十分に整備されていないという課題を伺いました。また、商店を営む50代の男性からは「この地域は山がちな地形。古くに開発された地区に住むお年寄りは買い物に行く足がない。商店街としてはそうした声に応えたいが、道路拡幅の実施時期もわからない」と、古くに開発された地域の高齢化という課題を伺いました。さらに、都内へ通勤する40代の男性は「踏切が開かない。街の再開発が全然進まない。議員の方々に伝えてもずっと問題解決しない。議員という仕事は具体的に自分達の生活のために何をしてくれるのかもわからない」と、街づくりに関する課題を伺いました。

 これらを踏まえて、「身を切る改革」から現場の課題解決へつなげていくべきだと考えます。

田倉俊輔

神奈川県川崎市多摩区宿河原2-46-19

TEL:044-933-8163

https://www.facebook.com/TakuraShunsuke?fref=photo

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

タクシー利用も選択できるように

市政報告

タクシー利用も選択できるように

川崎市議会議員 かがみまさひこ

1月17日号

川崎市だからこそ生まれた「人権尊重のまちづくり条例」

市政報告

川崎市だからこそ生まれた「人権尊重のまちづくり条例」

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

1月17日号

「皆さまのご支援が必要です」

市政報告

「皆さまのご支援が必要です」

川崎市議会議員 かがみまさひこ

1月10日号

課題解決の「調整役」に

川崎市議会議員 かがみまさひこ(各務雅彦) 市政報告

課題解決の「調整役」に

企画・制作=かがみまさひこ事務所

1月1日号

防災・防犯 安全なまちに

神奈川県議会議員 土井りゅうすけ 県政報告

防災・防犯 安全なまちに

企画=土井りゅうすけ政務活動事務所

1月1日号

広域防災を見据え、隣接都市との連携不可欠

市政報告

広域防災を見据え、隣接都市との連携不可欠

川崎市議会議員 上原まさひろ

1月1日号

本年も皆さまの声をカタチに

市政報告

本年も皆さまの声をカタチに

公明党 川崎市議会議員 河野(こうの)ゆかり

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク