多摩区版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

区内でシニア運動が活発 3委員会が普及活動

スポーツ

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena
多摩区みんなの公園体操に取り組む住民ら(23日、生田中谷第1公園)
多摩区みんなの公園体操に取り組む住民ら(23日、生田中谷第1公園)

 多摩区内でシニア向けの体操や運動が盛んだ。市民と区役所が協働で「多摩区みんなの公園体操」「多摩区いきいき体操」「多摩区ウオーキング」の各委員が普及に取り組んでいる。

 今月23日、生田中谷第1公園には公園体操に取り組む近隣住民17人が集まった。ラジカセから流れる音楽と言葉に合わせて体を動かす。ラジオ体操よりも穏やかな動きだ。参加して3年目という建多明乃さん(76)は「最初は(体操の内容が)簡単すぎるかなと思ったけど、今はちょうど良い。朝から集まって体を動かすのも気持ちよく、良い習慣。町会を超えた交流もできるし、誰でも参加してよい雰囲気も気に入っている」と話す。

 「多摩区みんなの公園体操」は区内の公園や神社境内など区内31カ所で開催さている。2006年から開催され、今年で9年目。参加者は50代から80代までのシニアが中心で111人のボランティアが取り組みを支えている。月曜日から金曜日まで実施され、昨年は年間で累計2万4千人が参加したという。

 室内でストレッチ体操を中心に取り組むのが「多摩区いきいき体操」だ。いこいの家や自治会館など21カ所で週に1回のペースで開催されている。参加者は50代から90代まで。年間で累計1万2600人が参加している。

 「多摩区ウオーキング」は月に1回、イベントを開催している。コースは多摩区内を巡る約3〜5キロ。32人のボランティアが取り組み、毎回40人程度の参加者が集まるという。

 多摩区みんなの公園体操運営委員会の安見治郎会長は「もっと開催会場を増やせるといい。介護予防は40代くらいの若い時から取り組んだ方が効果的。今後は子ども連れで参加できるような環境にしていきたい」と話していた。
 

多摩区版のローカルニュース最新6

南美(みなみ)ちゃん 手術完了

拡張型心筋症

南美(みなみ)ちゃん 手術完了 社会

「命のバトン、守りたい」

10月11日号

ホーム等々力盛り上げへ一役

ホーム等々力盛り上げへ一役 スポーツ

武蔵小杉駅 壁面に選手

10月11日号

4匹に新たな飼い主

4匹に新たな飼い主 社会

愛護フェアでネコ譲渡会

10月11日号

紙芝居で「災害備えて」

紙芝居で「災害備えて」 社会

講座に親子35組

10月11日号

紺野さんら朗読と音楽

自慢の鉢植コンテスト

13日に本祭

13日に本祭 文化

10月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク