多摩区版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

かわさき産業親善大使に任命された指揮者 坂入 健司郎さん 南生田在住 26歳

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena

「音楽のまち」情熱で伝える

 ○…ミューザ川崎やテアトロ・ジーリオ・ショウワなど、本格的な施設のもとに集まる音楽家たちがつくりあげた、川崎の「音楽のまち」としての魅力を発信していく。大学時代に自ら立ち上げたオーケストラのほか、エポックなかはらなどの市内ホールや関東各地でタクトを振る。今後川崎から世界へ羽ばたく若手として期待され、「大使として、活動を通じて川崎の音楽の魅力を国内外に広めていきたい」と語る。

 ○…歴史の漫画に出てきたモーツァルトやチャイコフスキーがどんな曲を書いているかが気になり、物心のついた頃からクラシックを聴いていた。「同じヴェートーベンの『運命』でも、指揮者によってこれほど演奏が違うんだと感じた。だったら僕はこうしたい」と想像し、指揮者になることを夢見た。機械的ではなく、情感を込めた「冒険的」な演奏にこだわり、自分色のハーモニーを目指す。

 ○…子どもの頃には草野球をしたり、生田周辺で友達と秘密基地をつくって遊んだりと、活発な少年だった。持前のバイタリティーは指揮者への道にも繋がっている。慶應中に進学し13歳の頃、音楽部で初めて指揮台に立った。中学から大学時代にかけては、日本を代表する指揮者や国際的に活躍する名指揮者の楽屋に突然訪問し「ぜひ稽古を見させてほしい」と師事を懇願。熱意が通じ、憧れの先人達の教えを受けることができた。慶應大では1年時にオーケストラを設立し、注目を浴びた。

 ○…「稀に神が降りてきたと思えるような演奏をできる時がある。その感覚は演奏者や観客にも伝わり、会場が一体となる快感はやめられない」。4月末には多摩区のクラシックレーベルからCDデビュー、5月には日本最大のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」への出演を控える。「市内各ホールで一括りの音楽フェスタを開くのが夢」と、情熱で音楽のまちの指揮をとる。
 

多摩区版の人物風土記最新6

石崎 徹さん

剣道クラブ「剣桜会」の指導部で、オンライン稽古の企画に携わった

石崎 徹さん

菅城下在住 51歳

8月7日号

渡邉 和子さん

「わけがありますくプロジェクト」でイラストやウェブ制作を手がける

渡邉 和子さん

長沢在住 51歳

7月31日号

大津 博之さん

多摩区子ども会連合会の会長を務める

大津 博之さん

宿河原在住 62歳

7月24日号

清田 陽助さん

多摩川を題材にしたミニアチュール(細密画)作品を手がける

清田 陽助さん

市内在勤 34歳

7月17日号

小川 聖子(せつこ)さん

デュオ「J&S陽だまりコンサート」で、音楽を通じた地域活動を続ける

小川 聖子(せつこ)さん

枡形在住 71歳

7月10日号

望月 幸男さん

菅町会のウェブサイトで「菅のスケッチ散歩」を連載する

望月 幸男さん

菅馬場在住 81歳

7月3日号

あっとほーむデスク

  • 8月7日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

  • 7月24日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク