多摩区版 掲載号:2015年4月10日号 エリアトップへ

川崎市 沿道に耐震診断を義務化 市内31路線を指定

社会

掲載号:2015年4月10日号

  • LINE
  • hatena

世田谷町田線、川崎府中線など

 川崎市は先月19日、沿道建築物の耐震診断の義務化を指定する道路を発表した。多摩区内は世田谷町田線と川崎府中線、横浜生田線の全線。対象は旧耐震基準で建てられた建築物で、一定条件の高さを超えるもの。所有者には2019年3月末までに診断結果を報告することを義務付けた。

 義務化する道路の指定は、東日本大震災を受けて、国の「建築物の耐震改修の促進に関する法律」が2013年に改正、施行されたため、川崎市が定めた。建築物が倒壊し道路を塞いで緊急車両の通行の障害にならないように改善を図り、建築物の耐震化の促進を図るのが目的。

 市は、災害時に初動段階で緊急車両の通行を確保するための緊急交通路14路線と、市外からの物資を輸送するために必要な第1次緊急輸送道路17路線を義務化する道路と指定した。ただ、この31路線のうち、都市計画道路の事業認可区間は指定の対象外とした。

 対象となるのは、指定路線の沿道に立地し、1981(昭和56)年5月31日以前の旧耐震基準で建てられた建築物で、前面道路の幅員が12メートル以下の場合は高さ6メートルを超えるもの。道路幅員が12メートルを超える場合は幅員の2分の1の高さを超える建築物。市は5月末をめどに対象となる建築物のおおよその全体数を試算するとしている。

 対象となる建築物の所有者は、耐震改修促進法に基づいて耐震診断を受けて、その結果を2019年3月31日までに市に報告しなければならない。

 市は所有者に対し、耐震診断に要する費用の負担がないように支援制度を創設する方針で、今年9月から運用する計画。ただ、建築物の構造によっては自己負担が発生するケースも想定されるという。

パブコメ実施

 市はこの道路指定案について、市民からの意見を受け付けるパブリックコメントを実施している。案は市のホームページや各区役所市政資料コーナーなどで閲覧できる。意見の提出は4月17日まで。

 問い合わせは市まちづくり局企画課(【電話】044・200・2715)。
 

多摩区版のトップニュース最新6

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

沿道の将来像 冊子に

登戸2号線

沿道の将来像 冊子に 経済

区画整理 地権者ら勉強会

5月7日号

「分区」から深めた10年

多摩区保護司会

「分区」から深めた10年 社会

更生支え、犯罪ない社会に

4月30日号

GW(ゴールデンウィーク)、河川敷でマルシェ

多摩SDC

GW(ゴールデンウィーク)、河川敷でマルシェ 社会

学生中心に企画・運営

4月23日号

多摩川で8編の物語

登戸出身中川監督

多摩川で8編の物語 文化

Hulu、ドラマ配信開始

4月23日号

住民の心、支援広告に

長尾台バスあじさい号

住民の心、支援広告に コミュニティ経済

高橋商事へ感謝 69万円超

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter