多摩区版 掲載号:2015年4月10日号 エリアトップへ

すくらむ21 パパ向け育児ガイド発行 父親が手作り「ちちしるべ」

教育

掲載号:2015年4月10日号

  • LINE
  • hatena
製作したイキメン研究所のメンバーら(上の写真)。矢印を重ね「父」の字を表現している「ちちしるべ」の表紙(下)
製作したイキメン研究所のメンバーら(上の写真)。矢印を重ね「父」の字を表現している「ちちしるべ」の表紙(下)

 仕事が多忙などの理由で、日ごろあまり育児をできずにいる父親が少なくない。もっと男性にも主体的に子育てを楽しんでほしいと、川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)はこのほど、父親たちが手作りしたパパ向け子育てガイドブック『ちちしるべ』を発行した。希望者に郵送するほか、同センターでの子育てサロンなどで配布する。

 製作したのは、主に市内で子育てに励む父親たちが結成した「イキメン研究所」のメンバーら9人。「イキメン」とは「地域で『イキ』活きと活躍する男性(メンズ)」の略称だ。同研究所は、男性が家事、育児をすることが当たり前になる社会づくりを目指し、2013年に発足。現在は毎月、すくらむ21で、父親同士が交流を深める「サロンパパス」などを開催し、情報交換の機会を提供している。

 冊子はA5判で26ページ。発行は3000部。すくらむ21によると、市民中心で製作したパパ向け育児ガイドブックの発行は市内初という。

 オールカラーでイラスト入り。子どもの寝かしつけ方、おむつ交換の仕方などのほか、川崎市内のお薦めお出かけスポットも紹介した。また育児と仕事を両立するため「朝は15分早く起床」「仕事は30分早く終わらせて退社する」など、時間管理方法も綴っている。

 製作の背景には、長時間労働や育児休暇の取得が困難など、働く男性が日ごろ育児に携わりにくい現状がある。内閣府がまとめた最新の全国調査結果によると、男性の育児休暇の取得は2013年度で2・03%にとどまった。政府は3月に閣議決定した「少子化社会対策大綱」で、2020年までに13%に高めるとの目標を定めたほか、配偶者が出産した直後の男性の休暇取得率を80%にしたいとしている。

 同研究所の吉田貴成さん(40)は「製作しながら、育児方法について目からウロコが落ちることが多かった。多くの人に読んでもらいたい」と話した。

 問い合わせは、すくらむ21(【電話】044・813・0808)へ。
 

多摩区版のトップニュース最新6

前年比6割増で警鐘

多摩区内自転車事故

前年比6割増で警鐘 社会

市内全区が「多発地域」に

5月14日号

多様な風景、未来へ

多摩川水辺の楽校

多様な風景、未来へ 社会

エコデモ財団 せせらぎ館で展示

5月14日号

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

沿道の将来像 冊子に

登戸2号線

沿道の将来像 冊子に 経済

区画整理 地権者ら勉強会

5月7日号

「分区」から深めた10年

多摩区保護司会

「分区」から深めた10年 社会

更生支え、犯罪ない社会に

4月30日号

多摩川で8編の物語

登戸出身中川監督

多摩川で8編の物語 文化

Hulu、ドラマ配信開始

4月23日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter