多摩区版 掲載号:2015年4月10日号 エリアトップへ

川崎市 JOCと連携協定 東京五輪の選手強化支援

スポーツ

掲載号:2015年4月10日号

  • LINE
  • hatena
協定書を手にする福田市長と竹田会長
協定書を手にする福田市長と竹田会長

 川崎市と日本オリンピック委員会(JOC)は先月30日、都内でパートナー都市の協定書に調印した。

 川崎市は、川崎マリエンのビーチバレーコートや等々力陸上競技場、川崎富士見球場などの所有施設の優先利用や利用料の免除などで選手強化を支援し、五輪推進運動も協力する。JOCは、同市が行うスポーツ教室へオリンピック選手を派遣するなどスポーツ振興事業を支援・協力する。  川崎市は2月に東京五輪に向け、スポーツ振興や大会運営の支援などを盛り込んだ「かわさきプロジェクト」と題した取り組み方針を発表。JOCに協力を申し出ていた。

 福田紀彦市長は「市には国際スポーツ大会を経験している施設がいくつもある。2020年の東京五輪・パラリンピック成功に向け、市としても全力を尽くしたい」と表明。JOCの竹田恒和会長は「スポーツ施設のみならず、国際イベントなどのソフト面でも協力を期待したい」と話した。

 パートナー都市は全国で19都市。県内では08年の横浜市に次いで2例目。
 

多摩区版のローカルニュース最新6

小1準備知る講座

小1準備知る講座 教育

市民館

5月7日号

手話や映像充実の興行へ

手話や映像充実の興行へ 社会

HEAT-UP 市ブランド事業

5月7日号

開館10年で400万人

藤子ミュージアム

開館10年で400万人 文化

5月7日号

登戸・遊園市民意見を

登戸・遊園市民意見を 社会

ビジョン案

5月7日号

「たまずん」新居で悠々

「たまずん」新居で悠々 文化

カワスイ展示中

5月7日号

職場環境改善を支援

職場環境改善を支援 経済

市、30万円まで補助金

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter