多摩区版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

だいJOBセンター 「支援の仕組み知って」 利用者の声集めた本発行

社会

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena
全158ページ
全158ページ

 失業等で生活に困っている人の支援を行う「川崎市生活自立・仕事相談センター(愛称・だいJOBセンター)」がこのほど、生活困窮者自立支援制度をテーマにした『いっしょに歩けばだいじょうぶ だいJOBセンター 川崎市生活自立・仕事相談センターの実践』と題した本を発行。インターネットで販売、また市立図書館、だいJOBセンターなどで貸し出しを行っている。

 本の内容は、だいJOBセンターで支援した人6人について、インタビュー形式で取材、自立に向けた過程を紹介している。

 全158ページで発行は5000部。表紙は小学館週刊スピリッツに連載中の漫画家柏木ハルコ氏が手掛けた。

 販売価格は1冊500円(税込)。3月31日から株式会社バリューブックスから発売している。

 同センターを管轄する市健康福祉局では、「多くの人にだいJOBセンターでの仕事を理解していただき、生活困窮に陥る前にぜひ利用してほしい」と話している。

 本書は今年4月1日から施行された「生活困窮者自立支援法」の制度の概要、具体的な支援事例を広く周知し、生活困窮者の周囲の人たちに支援の仕組みがあることを知ってもらうことと合わせて、現に困窮状態にいたっている人に早期に相談することを示唆することを目的としている。

 同センターは、生活保護を受けられなかった困窮者や再就職が難しいとされる精神疾患、身体に障害がある人に、早期に支援の手を差し伸べることで生活保護に陥るのを未然に防ぐセーフティーネットの役割を担う施設として2013年に川崎フロンティアビル内にオープン。これまで約1200人が利用している。

 同センターへの問い合わせは(【電話】044・245・5120)へ。
 

多摩区版のローカルニュース最新6

オケや合唱バレエ集う

市民芸術祭・舞台

オケや合唱バレエ集う 文化

2月21日号

母の「看取り」演じる

母の「看取り」演じる 文化

俳優・水島涼太さん 市内で初公演

2月21日号

ネット申告をPR

ネット申告をPR 経済

ボクサーが西税務署に

2月21日号

「安心した」が率直な気持ち

小金沢昇司さん 特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

2月21日号

「はなもす」今年も

区観光協会

「はなもす」今年も 文化

巻頭特集でオリパラ

2月21日号

4カ国、多摩区で交流

清掃体験と農家めし

4カ国、多摩区で交流 社会

2月21日号

要支援以上は7768人

多摩区高齢者人口

要支援以上は7768人 社会

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク