多摩区版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

フロンターレU-12 世界大会への切符掴む ダノンネーションズ杯優勝

スポーツ

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena
U-12選手とスタッフ(C)川崎フロンターレ
U-12選手とスタッフ(C)川崎フロンターレ

 川崎市在住の児童らが所属する「川崎フロンターレU-12」が先月28日と29日に都内で行われた大会「ダノンネーションズカップinJAPAN」で優勝した。

 川崎フロンターレU-12は、サッカーJ1リーグ川崎フロンターレの育成組織で、小学5年生と6年生が所属している。現在は24人が在籍し、その約8割が川崎市在住だという。

 このチームが出場したダノンネーションズカップ日本大会は、「U-12世代で唯一の世界につながる大会」として2004年から毎年開催されている。

 今回は国内の強豪48チームが競い、川崎フロンターレは7勝1分けで見事優勝。さらに大会を通じて失点0と、守備力の強さも魅せた。また、甲斐翔大くんが得点王とMVP、大会優秀選手に選ばれ、長田澪くんと小室愛樹くんも大会優秀選手に選ばれた。

 同チームの佐原秀樹監督は「足元の技術に優れる子が多くポテンシャルは高いが、チームワークに課題があった。今大会はその部分が改善できチーム全体が成長できた」と話す。

 今後、同チームは、今秋にモロッコで行われる世界大会に挑戦する。

佐原監督就任2年目で念願叶う

 川崎フロンターレU-12を率いているのは、元Jリーガーとして活躍した佐原監督だ。2年前に今回のチームの指導者となり、選手の育成をしてきた。佐原監督は「今回優勝したメンバーは指導者としての初めての教え子。初優勝だったので嬉しい」と喜んでいる。

 なお、フロンターレの育成組織は地元・川崎に住む子ども達を中心に形成され、トップチームでも重要視している「技術力」や「身体能力」さらに「家族面談での家庭環境」等を選考会で図り、合格した選手が所属している。
 

多摩区版のローカルニュース最新6

いかだ下り、19組奮闘

いかだ下り、19組奮闘 教育

12回目のエコカップ

8月16日号

攻めのレスリングで銅

登戸在住根本選手

攻めのレスリングで銅 スポーツ

16・17歳 世界選手権に初挑戦

8月16日号

魚つかみに800人

魚つかみに800人 社会

菅町会 延期も盛況に

8月16日号

生田緑地で夏満喫

生田緑地で夏満喫 文化

18日 サマーミュージアム

8月16日号

「歌劇場」2本立て

こんにゃく座

「歌劇場」2本立て 文化

8月16日号

求む「地場産返礼品」

川崎市

求む「地場産返礼品」 経済

8月23日、事業者向け説明会

8月16日号

市バスで巡る夏休み

市バスで巡る夏休み 社会

小児運賃は50円に

8月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

還燈会、24日に

春秋苑

還燈会、24日に

錦野さんライブも

8月24日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク