多摩区版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

「カメぱっぱ知って」 多摩手箱のご当地キャラ

文化

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena
カメぱっぱで飾られた店内で、絵本を手にする笹部さんとPLUTOさん
カメぱっぱで飾られた店内で、絵本を手にする笹部さんとPLUTOさん

 果たして「カメぱっぱ」はブームになるか――。ご当地キャラクターで地域を盛り上げようと、区内東生田のカルチャー教室と趣味の店「多摩手箱」が「カメぱっぱ」のPR活動に取り組んでいる。

 「生田緑地や周辺の活性化に役立てたい。地元に浸透したキャラクターにしたい」と話すのは同店のPLUTOさんと笹部裕子さん。

 「カメぱっぱ」はカメとかっぱのハーフで、生田緑地内に棲んでいるという設定。店名の「多摩手箱(たまてばこ)」にちなみ、クレヨンアートで知られる日南田淳子さんがカメをモチーフにイラストを描いたという。

 2010年末に同店の利用者向け通信紙に初登場。イラストを店頭に飾ったり、紙芝居にしたりと徐々に認知度アップを図り、13年1月にテレビ東京のバラエティ番組でも取り上げられた。昨年12月にはPLUTOさんが絵本を発行した。

 PLUTOさんは「カメぱっぱは協力し合うことがテーマ。地元の現状や課題と絡め、社会の矛盾、理想と現実をつき、大人も子どもも読める作品に仕立てたい」と話している。

 問い合わせは、多摩手箱(東生田1の10の8/【電話】044・930・6263)。
 

多摩区版のローカルニュース最新6

区内催し、施設に影響も

新型コロナウイルス

区内催し、施設に影響も 社会

民家園 外国人観光客は減少

2月28日号

過剰反応が生活に支障

過剰反応が生活に支障 政治

新型コロナ、専門家が見解

2月28日号

草花楽しむ講習や体験

草花楽しむ講習や体験 文化

3月5日

2月28日号

支え合い 他区へ発信

支え合い 他区へ発信 社会

2町会、講演に90人

2月28日号

「多世代つながり」へ結束

中野島地区

「多世代つながり」へ結束 社会

住民主体 集会に50人

2月28日号

村治佳織リサイタル

村治佳織リサイタル 文化

タウンニュースホール

2月28日号

「結婚」身近に、実践

「結婚」身近に、実践 社会

横浜市主催 親向け講座も

2月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク