多摩区版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

川崎市商店街連合会の「組織強化推進マネージャー」に就任し1年を迎える 築田 弘志さん 横浜市在住 58歳

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena

商店街再生に全力投球

 ○…商店街再生の要として、市商連から託され一年。商店街への加入率向上にむけた取組みをはじめ、大型店やチェーン店と共存共栄を図るための仕組みづくり、運営経費を捻出するための街路灯広告の活用など、新しい試みを進めてきた。「やっとレールを敷くことができた。いよいよ実行に移すとき」と意気込む。各地域の商店会の会議などにも積極的に参加し、商店主らとも交流を深めてきた。任期はあと2年、周囲からの期待は増している。

 ○…大学時代に購入したラジオに興味を持ち「商品企画に携わりたい」とソニーに入社。営業や販促、商品企画から海外マーケティングまで様々な部門で会社に貢献、社長からの信頼も得る存在に。そんな順風満帆な会社員生活も5年前に自ら終止符を打った。理由は「輝きを失いつつある商店街を何とかしたかったから」。実家が京都の茶屋とあって商店街巡りが好きだったが、出張先で目の当りにしたのは「シャッター街」。社会貢献したい思いも強く、小売店等を支援するコンサル会社を立ち上げた。市商連の仕事も思いは同じ。「偶然妻が公募を見つけ即応募しました」。その熱意とキャリアが買われた。

 ○…長女長男とも自立し現在は夫人と二人暮らし。今年は初孫も誕生した。「娘がつい最近まで里帰りしてて。孫をお風呂に入れるのが私の役目でね」とニッコリ。趣味のカメラとビデオで子どもの成長を残し続けてきたアルバム。母となり改めて目にした娘が再び実家を離れる時「今まで大切に育ててくれてありがとう」。その言葉が嬉しかった。

 ○…商店街が抱える課題の一つが後継者不足だ。「アイデアを生む若い担い手が必要。そのために、現役世代が背中を見せていかなければならない」。好きな言葉は、師から学び形を変え新たな境地へと進むことが重要だとする意の「修破離」。自らにも言い聞かせながら、商店街の活性化へ全力を注いでいくつもりだ。

多摩区版の人物風土記最新6

藤井 智弘さん

23代目の多摩区長に、4月1日付で就任した

藤井 智弘さん

川崎区在住 57歳

4月9日号

こばやし このみさん(本名:小林 空雅)

「性同一性障害」と「発達障害」を抱えながらラジオドラマの声優に臨んだ

こばやし このみさん(本名:小林 空雅)

菅在住 26歳

4月2日号

関山 泰司さん

桜並木を維持管理する「宿河原堤桜保存会」の5代目会長を務める

関山 泰司さん

宿河原在住 80歳

3月26日号

モリソン 小林さん(本名:小林江樹)

第24回岡本太郎現代芸術賞で「岡本敏子賞」を受賞した

モリソン 小林さん(本名:小林江樹)

高津区在住 51歳

3月19日号

関 範雄さん

多摩交通安全協会の副会長で、交通栄誉章「緑十字金章」を今年度受章した

関 範雄さん

長沢在住 78歳

3月12日号

田島 清隆さん

中野島中学校創立60周年記念事業委員会で委員長を務めた

田島 清隆さん

菅在住 62歳

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク