多摩区版 掲載号:2015年5月22日号 エリアトップへ

川崎市 小型家電を宅配で回収へ 都市鉱山を有効に活用

掲載号:2015年5月22日号

  • LINE
  • hatena

 宅配便を使って家庭に眠る小型家電のレアメタルを効率よく回収――。こんな取り組みを川崎市が始める。今月13日、家電リサイクルを手掛けるリネットジャパン(株)と協定を結んだ。国の指針と比べて回収率が低いのが川崎市の実態だ。宅配回収が打開策となるのか。

 携帯電話やデジタルカメラ、ゲーム機などの小型家電には銅や金、銀のほか、レアメタルといわれる希少金属が含まれている。日本全体で年間に廃棄される小型家電は約65・1万トンと推定される。その中に含まれる有用な金属などは約27・9万トンで金額にして約844億円分に上るという。

 ただ、これまで約半分が廃棄物として埋め立て処分され、約2割が違法な回収業者によって不適正に処理されていた。さらに相当量の小型家電が廃棄されずに家庭内にあるとみられる。

 こうした背景から、国は「小型家電リサイクル法」を制定し、13年4月1日に施行。国は15年度中の指針として、国民1人あたり1キログラムの小型家電の回収をすることを示した。

 川崎市では、13年10月から回収を開始。区役所や生活環境事業所など市内18カ所の拠点で回収事業を行ってきたが、なかなか回収が進まなかった経緯がある。14年度の川崎市の実績は4261キログラムで指針とは程遠いのが実情だ。

 今回の協定は「市民の排出方法の選択肢を広げる」のが目的。インターネットで申し込むと宅配業者が回収する仕組みで、回収対象はパソコンや携帯電話、プリンター、DVDプレーヤーなど400品目以上。3辺合計140センチの箱に入れて重量20キロ以内であれば何点でも回収可能。但し、回収費用として1箱880円(税別)かかる。

 リサイクルマークの無いパソコンは廃棄処分に料金がかかるため、市の担当者は、「リ社は国の認定事業者で信頼ができ、有料になるが依頼すればデータ適正消去等の証明書ももらえる」とメリットを強調する。

多摩区版のトップニュース最新6

収集・発信 重ね10年

登戸研究所資料館

収集・発信 重ね10年 社会

記憶承継、「未知」に挑む

8月14日号

販売数、見込みの5割

川崎じもと応援券

販売数、見込みの5割 経済

   商店主ら「大型店も対象に」

8月14日号

オンライン稽古で成果

剣桜会

オンライン稽古で成果 スポーツ

「基礎」着々と、週1回継続

8月7日号

街路灯「維持費に重荷」

市商連

街路灯「維持費に重荷」 社会

補助金増額、市へ求め

8月7日号

10月、緑地・水辺つなぐ

多摩区観光協会

10月、緑地・水辺つなぐ 社会

初の催し 周遊で商店活性

7月31日号

「マスク不着用、理解を」

「マスク不着用、理解を」 社会

友人グループ 意思表示バッジ配布

7月31日号

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月14日号

お問い合わせ

外部リンク