多摩区版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

「畑を気軽に楽しんで」 宮前の農地でフェス

文化

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena
「皆で作り上げる催しに変わりました」(小泉博司さん)
「皆で作り上げる催しに変わりました」(小泉博司さん)

 都市の畑に気軽に来てもらい、楽しさとその役割などを知ってほしい――

 宮前区にある農園で5月31日(日)、近隣の飲食店やミュージシャンらが参加するイベント「農園フェス」が催される。

 4年目を迎えた今回は、これまでの会費制ビュッフェ方式での運営から入場無料のイベントへと内容を一新。仕掛け人の一人で、会場となる小泉農園の小泉博司さん(37)は「今までは予算や告知などで苦労することも多かった。今回からは自分たちが楽しみながら、何よりイベントを続けていけるように色々と考え直しました」と話す。ネットやPRなどに長けたメンバーを増やし、実行委員会組織を立ち上げたほか、日頃の来園者や知り合いから趣旨に賛同したミュージシャンを呼び、出店の数を増やすなどして、より多くの人が来場できるイベントに変更した。

 当日は「畑、解禁!」をテーマに、10店舗ほどの近隣飲食店が出店する他、ミュージシャンによるライブ、ワークショップなどを企画。泥遊びや農機に乗っての写真撮影コーナーも登場するという。「一般の方にはなじみが薄い農地ですが、日本の農作物の美味しさや災害時には避難場所としても機能することなどを楽しみながら知って貰いたい」と小泉さんは話している。

 同フェスの開催時間は正午から午後5時まで(小雨決行)。住所は宮前区平6の8の15(※農地のため駐車場は無し)、詳細など問い合わせは同フェス実行委員小泉さん【携帯電話】080・6532・5306へ。

多摩区版のローカルニュース最新6

住民ら 愛注ぐバラの道

アクセスロード

住民ら 愛注ぐバラの道 社会

花壇ボランティアの会

5月20日号

生田緑地の写真並ぶ

生田緑地の写真並ぶ 文化

せせらぎ館で31日まで

5月20日号

2年半ぶり生歌届け

2年半ぶり生歌届け 文化

yucat 東京公演に230人

5月20日号

県銘菓を一挙公開

共励会

県銘菓を一挙公開 経済

特設ウェブページで

5月20日号

親子で夏休み見学会

水とかがやく未来館

親子で夏休み見学会 教育

5月20日号

宇都宮と準決勝、今年も

バスケB1川崎

宇都宮と準決勝、今年も スポーツ

あすから ホーム等々力で

5月20日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook