多摩区版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

50周年を迎えた「川崎市折鶴の会」会長を務め、戦争の語り部としても活動する 森政 忠雄さん 麻生区在住 81歳

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena

語り伝えていく使命感

 ○…市内在住の原爆被爆者団体「川崎市折鶴の会」の会長として7年目の今年、会は50周年を迎えた。6月4日と5日に多摩区総合庁舎で恒例となった市民らと折鶴作りの交流を図る。「皆さんと作る千羽鶴を8月に広島と長崎に届けます。この時期から活動しないと夏に間に合わないんですよ」と笑顔で語る。

 〇…小学校6年の8月6日、原子爆弾が投下された。爆心地からは3・8Km。「夏休みの登校日に教室にいた時、まず大きな光と衝撃が来ました。きのこ雲を見て少し先の防空壕に逃げようとした際に爆風に襲われました」。頬と頭に傷を負った程度だったが校舎が救護所になったこともあり、その後の惨状は目に焼き付いている。

 〇…現在は麻生区で妻と息子夫婦、孫との5人暮らし。70代になってからは戦争や原爆の様子を各地で語る活動も精力的に行っている。若い頃は銀行マンとして忙しい日々を送っていたのと、振り返りたくもないという思いから人に話をすることは無かったが、71歳の時に転機が訪れた。「孫の自由研究の手伝いで戦争の様子を聞かれて話をしたのが最初でした。出来上がった作文に命の大切さが書かれていて、そこから自分が語り部としての役割をすべきだと気づきました」。翌年から故郷の広島で活動が始まり、今では子どもたちの自宅に招かれて話をすることもあるという。「機会があればぜひ麻生区や市内でも当時の様子を伝えたい」とやる気を見せる。

 〇…年齢を感じさせない快活さは「前向きで楽観的に生きることがアンチエイジングになっています。趣味のゴルフでOBになっても、大好きな広島カープが負けても『ちくしょう』てならないことが大切」と笑う。会のメンバーは高齢化が進み、当時を知る人は少なくなってくるが「非人道的な兵器は許さず、戦争の悲惨さを語り伝えていく」という使命感はこれからも続いていく。

多摩区版の人物風土記最新6

余湖 英子さん

多摩区文化協会の会長を務める

余湖 英子さん

中野島在住 66歳

10月18日号

古橋 岳也さん

川崎新田ボクシングジムのプロボクサーで、3度目の日本タイトル戦に挑む

古橋 岳也さん

枡形在住 31歳

10月11日号

櫻井 裕二さん

多摩新町自治会の会長で、先駆的に空家対策に取り組む

櫻井 裕二さん

宿河原在住 76歳

10月4日号

木村 元彦さん

設立10周年を迎えた「専修大学少年少女レスリング教室」で代表を務める

木村 元彦さん

東三田在勤 38歳

9月27日号

海法 潤二さん

辺野古の基地建設に対し、川崎から声を挙げようと市民団体を発足させた

海法 潤二さん

菅馬場在住 71歳

9月20日号

金子 敦さん

「菅獅子舞保存会」の会長を今年から務める

金子 敦さん

菅馬場在住 57歳

9月13日号

森田 忠正さん

「登戸研究所保存の会」で事務局長を務める

森田 忠正さん

登戸在住 74歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク