多摩区版 掲載号:2015年6月26日号 エリアトップへ

「水源の重要性考えて」 市民グループが見学会

社会

掲載号:2015年6月26日号

  • LINE
  • hatena

 水源の重要性を感じてもらおうと、「かわさきの安全でおいしい水道水を守る会」が7月15日(水)、「神奈川の水資源開発の原点を訪ねる旅」と題した見学会を開催する。現在、参加者を募集している。

 同会は、15年度末に廃止される生田浄水場の存続活動に取り組んでいる市民グループ。川崎市が06年に発表し、生田浄水場の廃止や同浄水場周辺に点在するさく井の運用停止などを盛り込んだ「水道事業の再構築計画」対し、「遠くの水にしか頼れない都市でいいのか。川崎市の自己水源を守る必要がある」などと訴えてきた。

 今回の見学会で巡るのは谷ヶ原浄水場や津久井湖城山ダム、相模湖相模ダム、城山発電所など。かつて生田浄水場でも行われていた「緩速ろ過」という浄水方法の見学や水問題専門家による「相模川の開発と水道事業」の講演がある。神奈川の水資源開発の主要な施設を巡り、参加者とともに水行政の問題点や課題について考える。

 同会代表の町井弘明さんは「水源を自分の目で確認して、先人たちの努力や、その大切さを実感してほしい。川崎の自己水源も守らなくてはということを感じてもらえれば」と話している。

 集合は登戸駅に午前8時30分。マイクロバスで見学地を巡り、解散は午後5時30分頃を予定。参加費は3500円。定員は申し込み順に先着21人。当日の弁当や飲み物は各自が持参すること。

 申し込み・問い合わせは、同会代表の町井さん(【携帯電話】090・7944・5636/【FAX】044・944・5797/【メール】hzc00317@nifty.com)。

多摩区版のローカルニュース最新6

成人式、宣言下で敢行

川崎市

成人式、宣言下で敢行 社会

会場参加は前年比4割減

1月15日号

級友39人 聖マリに感謝

百合高

級友39人 聖マリに感謝 教育

寄せ書き、医療従事者へ

1月15日号

スケッチ個性溢れ

スケッチ個性溢れ 文化

せせらぎ館

1月15日号

医療現場に物資寄贈

医療現場に物資寄贈 社会

川崎西北RC、マスクほか

1月15日号

原さん、舞台で肉体美

川崎市出身 ジャニーズJr.

原さん、舞台で肉体美 文化

1月15日号

スポセン時間短縮

スポセン時間短縮 スポーツ

午後8時まで

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク