多摩区版 掲載号:2015年6月26日号 エリアトップへ

サンドクロックがデビュー 地元川崎で凱旋ライブ

文化

掲載号:2015年6月26日号

  • LINE
  • hatena
キーボードの滝田さん(左)とギターの永田さん(右)
キーボードの滝田さん(左)とギターの永田さん(右)

 市内在住の2人組アコースティックユニット「サンドクロック」が念願のメジャーデビューを果たした。ミニアルバム「EPOCH(エポック)」の発売を記念し6月20日、ミニライブとサイン会をタワーレコード川崎店(川崎区小川町)で行った。表題曲を含む4曲を披露し、集まったファンを楽しませた。

 サンドクロックはキーボードの滝田周さん(28)とギターの永田佳之さん(28)の2人からなる。それぞれに作詞作曲を手掛ける。互いの声が砂時計(サンドクロック)をひっくり返すように入れ替わりながらハーモニーを織りなすのが特徴。

 川崎市内では溝の口駅や川崎駅で路上ライブ活動を行うほか、多摩区内でも中野島音楽祭や多摩区民祭、緑化センターまつりなどに出演して美しいハーモニーを響かせた。2012年に島村楽器が主催するコンテスト「HOTLINE」に川崎ルフロン店代表として出場。全国から集まった2800組以上の中からグランプリを受賞した。

 目標だったメジャーデビューを果たした滝田さんは「ここからが新しいスタート。また頑張っていきたい」と話した。「誠実な音楽を作りたい。皆さんに広げていただきたい」と永田さん。

 ミニライブに訪れた女性は「心地よいメロディーと歌詞で聴きやすいのが魅力。何より2人ともかっこいい」と話していた。

多摩区版のローカルニュース最新6

川崎市、ワクチン接種訓練実施へ

【Web限定記事】

川崎市、ワクチン接種訓練実施へ 文化

1月27日 全国自治体で初

1月22日号

生配信、準備進む

たま音楽祭

生配信、準備進む 文化

専大生「若い感覚」で

1月22日号

「フッ化物洗口」市立小へ導入足踏み

【Web限定記事】

「フッ化物洗口」市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月22日号

介護現場に癒し

介護現場に癒し 社会

「シャボン玉オヤジ」が演出

1月22日号

「自宅で確定申告」発信

「自宅で確定申告」発信 社会

新田ジム・黒田選手ら税務署大使に

1月22日号

救急出動 12年ぶり減少

川崎市

救急出動 12年ぶり減少 社会

軽症少なく、遠因にコロナ

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク