多摩区版 掲載号:2015年7月3日号 エリアトップへ

「未来の企業経営考えて」 製造業団体がフォーラム

経済

掲載号:2015年7月3日号

  • LINE
  • hatena

 市内の製造業が減少の一途をたどる中、進むべき道を考えようと、一般社団法人川崎中原工場協会(矢野和昭会長)が7月13日、未来の企業経営を考えるフォーラムを中原区内(ホテル精養軒)で開催する。

 市経済労働局によると、市内にある製造業の事業所数は1983年の3470をピークに年々減少し、2013年には1309までに落ち込んだ。プラザ合意やリーマンショックなど企業を取り巻く環境や産業構造の変化という全国的な傾向ではあるものの、川崎の技術が失われることが危惧されてきた。

 そのため、今回のフォーラムでは「未来の企業経営の在り方と、ものづくりのまち川崎を支えてきた技術や経営を次世代に繋げていくこと」が大きなテーマだ。 主催するのは、製造業をはじめ約280社が加盟している川崎中原工場協会。海外進出や新事業などに乗り出す地元企業の経営者数人がパネラーとなり、現状抱えている課題や未来への経営方針などについて講演する予定だ。主催者は「未来を切り拓き企業発展を進めるきっかけにしてもらえれば。情報交換を行う場も設けたい」と話す。

 市は、このフォーラムを通じ現状を把握し、他団体へのフィードバックを行いながら、製造業をはじめとする地元企業を活性化させたい考え。現在、川崎市工業団体連合会に加盟するのは、川崎中原工場協会の他、協同組合高津工友会、川崎労務管理協会、川崎北工業会、下野毛工業協同組合、浅野町工業団地組合連絡協議会、大川町産業振興連絡協議会の計7団体ある。市は「来年3月までをメドに、各団体でも同様のフォーラムの開催に協力していきたい」としている。

 他都市と比べ、川崎市内ではベンチャーが育ち元気な企業が多いといわれる。市の担当者は「成長を支えた製造業の技術継承も必要不可欠。今後の経営に悩んでいる中小企業の経営者にとって支援策の一つになれば」と話している。

 問合せは、川崎中原工場協会の斉木さん(【電話】044・751・5777)。

多摩区版のローカルニュース最新6

「科学脳の児童生徒集まれ」

【Web限定記事】

「科学脳の児童生徒集まれ」 教育

川崎北部 発明クラブが新会員募集

2月19日号

劇団辻シアター 「紙芝居」で人情喜劇

【Web限定記事】

劇団辻シアター 「紙芝居」で人情喜劇 文化

3月13日 多摩市民館

2月19日号

市内産イチゴでフロンターレ応援

【Web限定記事】JAセレサ川崎

市内産イチゴでフロンターレ応援 社会

多摩区・上原さんら生産者 100パックを寄贈

2月19日号

コロナ禍とSDGs、問題解決探る

【Web限定記事】

コロナ禍とSDGs、問題解決探る 社会

「メサ・グランデ」支援へ 2月23日にオンライン講座

2月19日号

「とんもり」写真で活動伝える

【Web限定記事】

「とんもり」写真で活動伝える 文化

自然守る会 二ヶ領せせらぎ館で

2月19日号

雇用・労働の「困った」、社労士に聞く

【Web限定記事】川崎市

雇用・労働の「困った」、社労士に聞く 経済

無料相談会 多摩区役所で2月26日

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク