多摩区版 掲載号:2015年7月31日号 エリアトップへ

登戸研究所資料館 企画展「70年前の真実」 兵器開発や証拠隠滅明らかに

文化

掲載号:2015年7月31日号

  • LINE
  • hatena
展示される陸軍大礼服(上)と日章旗(下)
展示される陸軍大礼服(上)と日章旗(下)

 70年前、多摩区内の軍事施設でいったい何が行われていたのか――。明治大学平和教育登戸研究所資料館で8月5日から、新たな企画展が始まる。戦後70年の節目に新たな証言や資料を加え、アジア太平洋戦争で極秘の兵器開発や秘密戦の中核を担った軍事施設の真実に迫る。

 登戸研究所は旧日本陸軍の秘密戦の中核を担っていた施設。戦時中、細菌兵器や風船爆弾、相手国の経済を混乱させるための偽札などが作られた。作戦終了後、研究所は多摩区内と長野県内に分かれた経緯がある。

 研究所の存在は戦後も秘密にされてきたが、80年代になって市民による調査が進み、実態がわかってきた。研究所の大半は解体されたが、跡地の一部を購入した明治大学が2010年に資料館として開設した。

 今回で6回目となる企画展のテーマは「NOBORITO1945〜登戸研究所70年前の真実」。9月26日までの第1期では、戦時中に行われた風船爆弾作戦や研究所の分散・疎開、「本土決戦」への準備が進められてきた実態に焦点を当てる。

 11月18日から来年3月26日までの第2期では、敗戦後に膨大な証拠物件と兵器類の焼却・破壊が進めた証拠隠滅作業に焦点を当てる。

 今回新たな調査として、長野県の登戸研究所で少年工員として働いていた人にインタビューを行い、新たな事実を加えた。また、研究所の工場跡地から出てきた謀略兵器の一部と推定されるものなど当時の貴重な現物を展示する。

 館長の山田朗さんは「敗戦の年に焦点を当て、新たな調査にもとづく展示ですので、ぜひともご来館下さい」と話している。

 入館料無料。資料館の会館時間は午前10時から午後4時まで。日曜日から火曜日は休館。

 問い合わせは同館(【電話】044・934・7993)。

戦後70年 語り継ぐ戦争の記憶

タウンニュースの各発行エリアで企画・編集した関連記事まとめ

http://www.townnews.co.jp/postwar70.html

多摩区版のトップニュース最新6

生田緑地の新看板制作

向の岡工高生徒8人

生田緑地の新看板制作 社会

北側入り口「長者穴口」に設置

1月22日号

「調布町」の基標 設置

下布田小

「調布町」の基標 設置 教育

小川米夫さんと歴史継承

1月22日号

給食献立案が市長賞

菅中3年井熊さん

給食献立案が市長賞 教育

「午後も元気に」思い込め

1月15日号

「SDGs」 掲示から始動

多摩区内5商店会

「SDGs」 掲示から始動 経済

店頭にポスター、意識向上へ

1月15日号

「新様式」 対応へ結束強め

「新様式」 対応へ結束強め 政治

荻原区長 新年に意気込み

1月8日号

新たに区内16件決定

市地域文化財

新たに区内16件決定 文化

第3回 で計44件 市内最多に

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク