多摩区版 掲載号:2015年11月27日号 エリアトップへ

帰宅困難想定し訓練 登戸駅で150人が参加

社会

掲載号:2015年11月27日号

  • LINE
  • hatena
小田急線登戸駅ホームから一時滞在施設へ向かう
小田急線登戸駅ホームから一時滞在施設へ向かう

 川崎市は18日、直下地震を想定し、市内の主要駅で帰宅困難者対策の一斉訓練を行った。多摩区では登戸駅で行われ、地元住民ら150人が参加し、鉄道事業者や警察署、消防署などと連携し、一時滞在施設となる多摩市民館まで避難させる流れを確認した。

 訓練は川崎市内全域に最大震度7の地震が起きたという想定。全市一斉に情報が伝達され、他にも川崎駅、武蔵溝ノ口駅・溝の口駅、新百合ヶ丘駅で実働訓練が行われた。

 多摩区では帰宅困難者対策訓練は初めての取り組み。JR登戸駅と小田急登戸駅に加え、バス・タクシー事業者や区内の3大学・高校・私立学校など37団体が参加する大規模なものとなった。駅に集まった参加者らは職員の掛け声で移動を開始。誘導に従い、足早に避難経路を進んだ。途中のコンビニの協力でペットボトルを受け取り、信号が停止した交差点を多摩警察署の誘導で通過した。

 多摩区の中村孝也区長は「本番を想定した各団体との連携した訓練は大切。初めての試みで今後の課題も見つかった。検証していかなければならない」と話していた。

多摩区版のローカルニュース最新6

長尾小 全児童に布マスク

【Web限定記事】

長尾小 全児童に布マスク 教育

PTA リレーで手作り

5月29日号

給付金 便乗詐欺に用心

【Web限定記事】

給付金 便乗詐欺に用心 社会

県警、動画で呼びかけ

5月29日号

外出自粛で献血減少懸念

【Web限定記事】

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月29日号

それぞれの「見守り」

それぞれの「見守り」 社会

登戸事件1年 多摩署で黙とう

5月29日号

来週から分散登校

地元応援券に要望

市商連

地元応援券に要望 経済

各区の声受け、市へ提出

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:06更新

  • 5月19日19:24更新

  • 5月15日7:33更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク