多摩区版 掲載号:2015年12月4日号 エリアトップへ

区役所、地域のつなぎ役へ 市が改革素案を発表

政治

掲載号:2015年12月4日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は先月13日、区役所の果たす役割や取組の方向性などをまとめた「区役所改革の基本方針素案」を発表した。地域包括ケアシステムの構築を踏まえ、市民同士のつながりやコミュニティづくりを担う「地域のつなぎ役」へと改革を進める。

 川崎市の区役所改革を巡っては02年の行財政改革プランで「区の機能強化」が位置付けられた経緯がある。また東日本大震災の発生や地方自治法の改正などを契機に政令指定都市を取り巻く環境が大きく変化したことも背景にある。

 川崎市は現在、「新たな総合計画」や「行財政改革に関する計画」を策定しており、区役所改革は両計画の一環として検討してきた。

 今回の素案では、めざすべき区役所像として▽市民目線に立った行政サービスを総合的に提供する区役所▽共に支え合う地域づくりを推進する区役所▽多様な主体の参加と協働により地域の課題解決を図る区役所――の3つを掲げた。

 中でも区役所のコーディネート機能の強化を明確に打ち出した。市民同士の「顔の見える関係」や「地域コミュニティの形成につながるきっかけづくり」に取り組み、地域包括ケアシステムの地域支援機能の1つとして位置づける。

 各区役所でサービス向上をめざす組織をつくり、「市民感覚」「市民目線」の行政サービスに取り組む。各種申請・手続きに添付する証明書の省略を図り、コンビニ交付と同一の機能を持つ行政サービス端末は18年に廃止することも打ち出した。行政サービスコーナーは利用状況の推移を踏まえて今後のあり方を検討するという。

 区役所機能の強化に向け、区役所各課と業務所管局との関係の明確化や、組織整備に関する区長権限の拡充、地域メディアやSNSなどを活用した広報強化などを盛り込んだ。

パブリックコメント募集

 川崎市は現在、市民からの意見を受け付けるパブリックコメントを実施している。素案は市のホームページのほか、各区役所の閲覧コーナーや各市民館などで見ることができる。12月14日まで。

 市の担当者は「区役所は市民のみなさんに一番身近な行政組織なので、普段利用して感じることや思っていることをそのまま意見してほしい。現場の意見を取り入れ、少しでも良好に改革していきたい」と話している。

多摩区版のトップニュース最新6

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

生田緑地 区域変更へ

遊園跡地都市計画

生田緑地 区域変更へ 経済

説明会に50人超、意見交換

7月3日号

レジ袋有料化で転機

商店会エコポイント

レジ袋有料化で転機 経済

新たに「SDGs」啓発へ

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立を

熱中症・コロナ 対策両立を 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

枡中・稲中 初の合同開講

川崎市寺子屋

枡中・稲中 初の合同開講 教育

15日に活動再開、一番乗り

6月19日号

向ヶ丘店 9月末閉店

ダイエー

向ヶ丘店 9月末閉店 経済

「再出店」へ調整、計画は未定

6月19日号

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク