多摩区版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

夢見ヶ崎動物公園 ラマの赤ちゃんが誕生 愛称を募集中

文化

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena
タイタン(左)とナン(右)の間を歩く赤ちゃん
タイタン(左)とナン(右)の間を歩く赤ちゃん

 夢見ヶ崎動物公園(幸区南加瀬1の2の1)にいるラマのタイタン(オス)とナン(メス)との間に11月30日、初めての赤ちゃんが誕生した。誕生した赤ちゃんはメスで、毛色は父親のタイタンに似た茶色。生後1時間で立ち始め、母親のナンの後について歩き始めているという。

 現在、赤ちゃんはラマ舎で見ることができ、同園では市民の来園を呼びかけている(親子の状況によっては見ることができない場合もある)。

 また、赤ちゃんの愛称の募集もしている。応募方法は動物公園事務所前に備え付けてある応募用紙に必要事項を記入の上、専用の応募箱に投函。期間は来年1月5日(火)まで。

 同園では誕生した赤ちゃんの愛称を五十音順で付けており、今回は「け」または「ケ」で始まる順番となるが、より親しみやすい名前であれば特に制限は設けない。ただし、今年11月に命名されたレッサーパンダの愛称「ケイコ」は除く。決定方法は最も多い名称を選定。命名者全員に命名証を進呈する。

 問い合わせは、同公園(【電話】044・588・4030)。

多摩区版のローカルニュース最新6

南美(みなみ)ちゃん 手術完了

拡張型心筋症

南美(みなみ)ちゃん 手術完了 社会

「命のバトン、守りたい」

10月11日号

ホーム等々力盛り上げへ一役

ホーム等々力盛り上げへ一役 スポーツ

武蔵小杉駅 壁面に選手

10月11日号

4匹に新たな飼い主

4匹に新たな飼い主 社会

愛護フェアでネコ譲渡会

10月11日号

紙芝居で「災害備えて」

紙芝居で「災害備えて」 社会

講座に親子35組

10月11日号

紺野さんら朗読と音楽

自慢の鉢植コンテスト

13日に本祭

13日に本祭 文化

10月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク