多摩区版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

本で障がい児子育て支援 市民グループが続編発行

社会

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena
代表の新井さん(中央)と編集長ら
代表の新井さん(中央)と編集長ら

 障がい児の子育てを支援しようと、市内の市民グループ「豊かな地域療育を考える会(新井靖子代表)」がハンドブックを発行した。2010年に発行した支援ムックの続編。制度変更や障がい児を取り巻く環境の変化に対応し、新しい情報を盛り込んだ。実用性のある「子育て応援ブック」に仕上げたという。

 同連絡会は、障がい児などの特別な支援を必要としている子どもの支援活動に取り組む人で構成するネットワーク組織。障がい児の保護者や障がい児にかかわる法人や団体のメンバーで構成されている。2010年9月に「障がい児の子育て支援ムック」を発行した。

 「どこへ行けば助けてもらえるのか、どれだけ社会支援があるのか知らない人が多い。福祉制度は自ら申請する必要があるので、多くの人に伝えたかった。子育て仲間がいるよというメッセージを込めた」と話す新井代表。

 支援ムックを発行してから5年経過し、児童福祉法の改正があったほか、川崎市の制度変更や「放課後デイサービス」などの施設の増加など支援環境も変化した。最新情報による適切な相談支援が求められていたという。

 今回のハンドブックはB5判型で本文96ページ。定価は500円(税込)。イラストを多用し、楽しい雰囲気に仕上げた。マップや相談機関一覧、制度・手当・サービスガイドのほかにも専門家からのアドバイスや先輩母・父の体験談など読み物ページも充実している。

 3000部発行し、一般の書店では流通しない。販売は▽療育ねっとわーく川崎サポートセンター(多摩区登戸2984の3)▽サポートハウス「わにの家」(中原区今井南町561の9)▽カフェイズミ(高津区下作延3の20の5)▽稗原ユーズカフェ(宮前区菅生ヶ丘23の6)――の4カ所。郵送でも対応している。問い合わせは同事務局(【電話】044・455・7468)。

多摩区版のトップニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月18日号

キャッシュレスに賛否

多摩区商連

キャッシュレスに賛否 経済

導入伸びず、「様子見」多数

10月11日号

市立校、半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校、半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月11日号

菅住宅地、51位が7位に

基準地価上昇率 登戸も高騰

菅住宅地、51位が7位に 社会

10月4日号

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ

生田浄水場用地

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ 社会

市、22年 新施設完成めざす

10月4日号

南房総に支援物資

多摩区有志

南房総に支援物資 社会

トカイナカ 西山さんら結束

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク