多摩区版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

アート壁画で落書き対策 デザイン決まる

社会

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena
▲アンケートの結果、決まった壁画アートのデザイン
▲アンケートの結果、決まった壁画アートのデザイン

 アートな絵で壁の落書きを防止――。多摩区役所が19日、登戸新町の通路に描くデザイン案を発表した。落書きされた壁面を清掃し、「このまちが一番好き!」を意味する『HOME SWEET HOME!』を青色の文字で描く。来月21日に地元住民や中学生の協力を得て作業を実施する。

 アートな絵を描く壁面は登戸新町の世田谷通り(津久井道)と多摩沿線道路が交差する地点の通路。複数の落書きが周囲に点在し、美観を損ねていた。

 多摩区役所によると、区内の駅周辺や道路に多くの落書きがあり、美観を損ねるだけでなく、軽犯罪の誘発や治安の悪化につながることが懸念されるという。これまで多摩区役所道路公園センターが消していたが、いたちごっこの状態が続いていた。

 こうした落書き対策として注目したのが「アート」。区役所の事業の一環として市民からの提案があり、市民活動団体との協働事業として今回の「壁画アート」に取り組む。

 文言や色が異なる9案の中からデザインを決めるため、先月18日から今月10日にかけて市民を対象としたアンケートを実施。156票のうち、最多の31票を集めた「川崎フロンターレのブルーを基調としたHOME SWEET HOME!」に決まった。市民アンケートを実施して公共空間のアート作品のデザインを決めるのは区内で初めての試みという。

 区役所の担当者は「横須賀や渋谷などの事例をみて、ある程度の効果があると思う。治安の向上にもつながり、期待できる」と話している。

▲周辺に落書きが点在する現場の通路
▲周辺に落書きが点在する現場の通路

多摩区版のトップニュース最新6

市内は減少傾向か

運転免許自主返納者

市内は減少傾向か 社会

川崎独自の後押しは未定

5月24日号

垣根超え、集いの場始動

枡形3町会

垣根超え、集いの場始動 社会

助け合いの関係づくりへ

5月24日号

水飲み場「耐震」53校に

市立小中

水飲み場「耐震」53校に 社会

全校、23年度完了へ

5月17日号

世界王座 奪取ならず

川崎新田ジム黒田選手

世界王座 奪取ならず スポーツ

6年ぶり挑戦、判定負け

5月17日号

墨書の大役、長沢で祈願

「令和」揮毫(きごう)茂住さん

墨書の大役、長沢で祈願 文化

諏訪社に毎月参拝、当日も

5月1日号

駅前南口、今年度着手へ

登戸区画整理事業

駅前南口、今年度着手へ 経済

駅西側 住民ら活動進む

5月1日号

乗客増へ周知強化

長尾台コミバスあじさい号

乗客増へ周知強化 経済

1便平均 「4.7人」めざす

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

写真にみる日本の伝統

写真にみる日本の伝統

岡本太郎美術館で企画展

4月27日~6月30日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク