多摩区版 掲載号:2016年2月26日号 エリアトップへ

川崎市 「農業振興計画」を策定 担い手支援に重点

社会

掲載号:2016年2月26日号

  • LINE
  • hatena

 市内農業者の支援や農地活性化を目指し、川崎市は「農業振興計画」を今月12日に発表。行政の支援が得やすくなる「認定農業者」を増やすなど、およそ10年間の期間を見据えた方針を掲げている。

 農業振興の指針として市が2005年に策定した「農業振興計画(かわさき『農』の新生プラン)」の期間が終了し、新たな課題や要望に対応しようと、市が計画案を作成。昨年12月から1月にかけてパブリックコメント(市民意見公募)を行い、新計画を策定した。

 川崎市の現状として、厳しい相続税など税負担による市街化区域農地の減少が背景にある。市によると、00年に約580ヘクタールあった市街化区域農地は、今年度に405ヘクタールまで減少。市経済労働局の担当者は「農地の減少や担い手の高齢化、後継者不足などが課題。農地を拡大していくためにも、認定農業者を現状の25件から10年間で50件に増やしたい」と目標を話す。

 防災の観点から、同局は「災害時の一時避難所にもなる都市農地を維持し、生かすべき」とも指摘する。市街地と農地の共存について見直そうと、昨年4月には「都市農業振興基本法」が制定。国の方針を追い風に、市は都市農業の多面的な機能を生かしたい考えだ。

 そのほか、農業者やJA、大学、企業、NPOなどが集う場「都市農業活性化連携フォーラム」(仮称)の設置や、市内産農産物「かわさきそだち」のブランド化、周知の促進などが今回の計画に盛り込まれている。

多摩区版のローカルニュース最新6

成人式、宣言下で敢行

川崎市

成人式、宣言下で敢行 社会

会場参加は前年比4割減

1月15日号

級友39人 聖マリに感謝

百合高

級友39人 聖マリに感謝 教育

寄せ書き、医療従事者へ

1月15日号

スケッチ個性溢れ

スケッチ個性溢れ 文化

せせらぎ館

1月15日号

医療現場に物資寄贈

医療現場に物資寄贈 社会

川崎西北RC、マスクほか

1月15日号

原さん、舞台で肉体美

川崎市出身 ジャニーズJr.

原さん、舞台で肉体美 文化

1月15日号

スポセン時間短縮

スポセン時間短縮 スポーツ

午後8時まで

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク