多摩区版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

川崎市「第1回 いらっしゃい!商店街のNew Shop」で奨励賞に輝いた 佐藤 惠子さん 南生田在住 61歳

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena

陽気と勇気、いつも心に

 ○…3度のスペイン旅行で人々が集いワインと会話を楽しむ「バル」に心惹かれ、3年前にワインと家庭料理のお店「ティーダバル」を読売ランド前駅近くで開業。八百屋だった店舗を改装し、女性一人でも気軽に立ち寄れる憩い空間をつくり上げた。「スペインではどこの村に行ってもバルがあり、陽気に語り合っている。住んでる街でそんな楽しい店をつくりたいなって」。夢を叶え、今日も厨房に立つ。

 ○…生まれ育ちは沖縄県。客室乗務員を目指して上京し、短大卒業後は日本中央競馬会を経て、34歳のとき川崎市立小学校の給食調理員に転身。東菅小、菅小など5校で24年間勤務した。「昼食を6年間作り続けるのは、子どもの命を預かるのと同じ」。おいしくて健康的な献立に力を注いできた。「子どもたちがみんな顔を覚えてくれる。毎日ふれあうのが楽しくて」。子は親と社会と地域が育てる。母親のような思いを傍らに、一心に現場を駆け抜けた。

 ○…経営は全くの素人だったが、市の起業セミナーに通い、58歳で退職。数カ月で開店にこぎつけた。料理は10年来、都内の「スペイン料理文化アカデミー」で学ぶ傍ら、主宰者のイベント運営も手伝う行動派ぶり。以来、お店を拠点に顔が見える人間関係が広がっており、地元では少年サッカーチームやワイン会を発足させるなど、活動分野は幅広い。夫が始めた沖縄三線教室には、20代から70代の十数人が参加。今年夏には、沖縄の海を前に、レッスン生らと三線を弾くイベントを計画中だ。

 ○…沖縄の方言で、店名の「てぃーだ」は太陽、「ばる」は原っぱという意味。大好きな地元で、元気を売れたらいい―。来店がきっかけで知り合い、結婚したカップルが2組いる。「明日結婚しますって2人であいさつに来たときは、嬉しくて。母親みたいな気持ちだった」。店内での一幕に思いをはせる。「お客様や仲間に恵まれている。楽しさが私の給料」。瞳を輝せ、笑った。

「バンバンなら私もいける!」

【本店】1月20日リフレッシュオープン/新台入替/各店 駅近・駐車場完備

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6

池上 紅実(くみ)さん

川崎市の寺子屋事業を担う「まなてら運営委員会」で委員長を務める

池上 紅実(くみ)さん

登戸在住 50歳

1月21日号

久保山 義夫さん

2021年度「第34回川崎市自治功労賞」の受賞者に選ばれた

久保山 義夫さん

登戸在住 90歳

1月14日号

神園 佳昌さん

川崎青年会議所(JC)の第72代理事長に就任した

神園 佳昌さん

幸区在住 35歳

1月7日号

清水 年子さん

日本民家園のボランティア「炉端の会」初代会員として最高齢で活動を続ける

清水 年子さん

長尾在住 95歳

1月1日号

山本 咲さん

「高校生ものづくりコンテスト全国大会」電気工事部門で優勝した

山本 咲さん

県立向の岡工業高(堰)1年 15歳

12月24日号

松山 知明さん

川崎市歯科医師会の会長に就き、各種健診などに取り組む

松山 知明さん

中原区在勤 62歳

12月17日号

新春セール開催中!

「宝飾品」「腕時計・目覚まし時計」20%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook