多摩区版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

「のらぼう菜」駅グルメに 市とJRが限定メニュー

社会

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena
のらぼう菜を収穫する高橋さん=21日、菅野戸呂
のらぼう菜を収穫する高橋さん=21日、菅野戸呂

 川崎の伝統野菜「のらぼう菜」を使った限定メニューが、武蔵小杉駅(中原区)など県内4駅の飲食店で今月22日から販売されている。地産地消を掲げた企画として、市と東日本旅客鉄道(株)横浜支社(JR東日本)が進める試み。販売期間は4月11日までの予定だ。

 商品は武蔵小杉駅北改札外「親父の製麺所」で販売する「のらぼう菜温玉醤油うどん」をはじめ、グレープフルーツ等を加えた飲料(町田駅、藤沢駅)、パスタ(小田原駅)など3種類。1次産業の農林漁業生産から2次の加工、3次の販売を一体化した、JR東日本の取り組み「のもの1―2―3(ワン・ツー・スリー)」プロジェクトの一つとして考案された。

 地域資源を活用した新たな産業を生み出すのが狙いで、「1×2×3=6」の数式にちなんで「6次産業化」とも呼ばれている。市とJR東日本は「このメニューを通して、川崎市内で生産された農産物『かわさきそだち』をご賞味ください」と呼びかける。

 生産者で「菅のらぼう保存会」会長の高橋孝次さん(84)=菅野戸呂=は「保存会を発足した15年前に比べて、地元以外でも生産者が増えるなど広がりつつある。JRや市の協力は非常にありがたい」と手応えを話す。

 のらぼう菜はアブラナ科の野菜で栄養価が高く、甘みが特徴。鎌倉時代に川崎に持ち込まれ、菅地区で古くから栽培されてきた。現在は多摩区のほか麻生区、宮前区、高津区など川崎北部を中心に広がっている。栄養価はビタミンA、Cや鉄分、食物繊維などが豊富。食べられる部分のトウ(花茎)の糖分が高く、アクがないため食材として注目を集めている。高橋さんは「今年は1、2月に雨が降ったため順調に育ってきた。暖かくなってくると収量が増えるので、これから出荷が本格化していく」と話す。

 限定商品の販売は、のらぼう菜の収穫が終わり次第終了する。

「のらぼう菜温玉醤油うどん(税込610円)」=JR東日本提供
「のらぼう菜温玉醤油うどん(税込610円)」=JR東日本提供

「バンバンなら私もいける!」

【本店】1月20日リフレッシュオープン/新台入替/各店 駅近・駐車場完備

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

区対抗ボッチャ、熱戦

老人福祉センター

区対抗ボッチャ、熱戦 スポーツ

多摩・麻生 初大会に24人

1月21日号

生田中生が仲間入り

川崎市寺子屋

生田中生が仲間入り 教育

枡形と稲田 3校合同に

1月21日号

生田緑地に看板第2号

向の岡工業高

生田緑地に看板第2号 社会

「戸隠不動口」 3年生が製作

1月14日号

火災8件増で年間42件

多摩区

火災8件増で年間42件 社会

2021年 市内は過去5年最多

1月14日号

登戸・遊園 ARが一新

登戸・遊園 ARが一新 社会

区画整理のスポット追加

1月7日号

「禍」転じ「福」の50周年に

「禍」転じ「福」の50周年に 政治

藤井区長 2022年へ決意語る

1月7日号

新春セール開催中!

「宝飾品」「腕時計・目覚まし時計」20%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook