多摩区版 掲載号:2016年5月5日号 エリアトップへ

4月から「生田緑地ばら苑」で苑長を務める 大川 弘さん 多摩区在勤 61歳

掲載号:2016年5月5日号

  • LINE
  • hatena

「まずは、やってみること」

 ○…就任後初となる「生田緑地ばら苑」の春の開苑を控え「わくわくより心配のほうが大きいかな」と正直な気持ちを語る。除草はもちろん、たて看板のチェックやホームページの更新、パンフレットやポスターの準備と開苑前の最終準備に忙しい日々を送る。一般的にバラの寿命は25年といわれているが同施設に咲くバラは、50年ほど経っているものも多くある。「先人が築いてきたものがある。まずは実態を体感して、それからできることを考えたい」

 ○…4年前、初めてばら苑を訪れた時の印象を「香りにびっくりした。むせ返るような甘い匂いにくらくらした」と語る。現在、同施設には職員6人とボランティア約170人が携わる。開苑は年2回だが、スタッフは1年を通してバラや施設の管理運営をしている。「いろいろな考えを持つ人がいる。気持ちよく働いてもらう環境を整えることが自分の仕事」

 ○…出身は宮前区。川崎市の職員として長年土木に携わってきた。草花には縁遠く、「まさか自分がばら苑の苑長になるとは思わなかった」。現役時代は周囲にもわかるように大きな声で部下を注意することもあった。「ダメなものはダメ。後輩は先輩の背中を見てる。本人にも周りにも、ここまでの仕事でいいんだと思ってほしくなかった」。幼い頃からおかしいと思ったことは口に出す性格。小学生の頃に「姿勢を正してあいさつを」と指導してきた担任の立ち方を指摘し返して廊下に立たされたこともあるという。

 ○…「自分では我慢しているつもりだけど、人からは短気と思われてるだろうな」と自己分析。「遊ぶならとことん」をモットーに、趣味にも全力投球。一番長く続けている趣味は釣りだ。「魚との駆け引きが面白い」と北海道から沖縄まで、海でも川でも出かけていく。「まずはやってみること。失敗したらその時考える。今、したいことをとことん極めたい」



「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6

高橋 良八(よしや)さん

看板制作の技能者として、今春の黄綬褒章を受章した

高橋 良八(よしや)さん

宿河原在住 78歳

5月13日号

堀川 華那(はな)さん

多摩区ソーシャルデザインセンター(SDC)の学生代表に今月就任した

堀川 華那(はな)さん

県立多摩高校出身 20歳

4月29日号

村上 治三郎さん

4月1日付で多摩消防署の署長に就任した

村上 治三郎さん

枡形在勤 58歳

4月22日号

緒方 雅子さん

二ヶ領せせらぎ館で今月、多摩川の野草の植物画展を開いている

緒方 雅子さん

堰在住 62歳

4月15日号

松本 利夫さん

ダンス&ボーカルグループ「EXILE」メンバーで川崎市市民文化大使を務める

松本 利夫さん

川崎市出身 46歳

4月8日号

手塚 はるかさん

土地区画整理の空き地で移動型珈琲店を営み、登戸のまちづくりを仕掛ける

手塚 はるかさん

登戸在勤 41歳

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook