多摩区版 掲載号:2016年5月5日号 エリアトップへ

川崎市 DV専用の電話窓口、開設 認知度上げ支援拡充

社会

掲載号:2016年5月5日号

  • LINE
  • hatena

 配偶者や恋人からの暴力に悩む人のために、川崎市は5月2日、DV(ドメスティックバイオレンス)被害に関する専用の電話相談窓口を開設した。

 複数あったDVに関する相談窓口を一本化することで周知を容易にし、DV専用にすることで、窓口に寄せられる多岐に渡る相談内容に総合的に対応。必要な支援機関を紹介できる人員を配置した。

 これまで市のDV相談は、保健福祉センターや地区健康福祉ステーション、男女共同参画センター、人権オンブズパーソンなど複数の機関で対応していたが、認知度が低いという課題があった。2014年度の市民アンケート調査によると、DV相談ができる窓口の存在を知っている人は3割程度にとどまり、DV被害にあいながら「誰にも相談しなかった」と答えた人は6割近くいた。

 この電話相談窓口の開設は昨年度に策定された「DV防止・被害者支援基本計画」の一環。2019年度までの5年間で、DV防止や支援のための環境整備を進めていく。今後は各機関と連携した早期発見の促進や一時保護支援の充実、女性からの暴力に悩む男性のための電話相談窓口の設置などを行っていく。

 市の調査によると、13年度のDV相談は1455件で過去10年間で最多となった。DV相談は全国や県で年々増加傾向にあり、市担当者は「川崎市でも増加している印象がある。少しでも悩んでいることがあれば、気軽に相談してほしい」と話している。

多摩区版のローカルニュース最新6

住民ら 愛注ぐバラの道

アクセスロード

住民ら 愛注ぐバラの道 社会

花壇ボランティアの会

5月20日号

生田緑地の写真並ぶ

生田緑地の写真並ぶ 文化

せせらぎ館で31日まで

5月20日号

2年半ぶり生歌届け

2年半ぶり生歌届け 文化

yucat 東京公演に230人

5月20日号

県銘菓を一挙公開

共励会

県銘菓を一挙公開 経済

特設ウェブページで

5月20日号

親子で夏休み見学会

水とかがやく未来館

親子で夏休み見学会 教育

5月20日号

宇都宮と準決勝、今年も

バスケB1川崎

宇都宮と準決勝、今年も スポーツ

あすから ホーム等々力で

5月20日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook