多摩区版 掲載号:2016年5月13日号 エリアトップへ

川崎市 介護事業所に成功報酬 現行制度に一石

社会

掲載号:2016年5月13日号

  • LINE
  • hatena

 介護サービス利用者の要介護度を改善した事業所に、成功報酬として報奨金を付与する新しい制度を川崎市が7月から開始する。これまでの制度の矛盾を解消し、事業者の意欲を高めて介護保険給付費を抑制するのが狙いだ。

 現在の介護保険制度は要介護度に応じて、事業者に支払われる介護報酬が設定されている。介護サービス利用者の要介護度が高いほど報酬は高くなるが、要介護度が改善された場合、評価に反して報酬は減る。

 これに対し、市は利用者の要介護度が改善または維持が図られた場合、事業者に対して独自の報酬であるインセンティブを与える新しい仕組みを検討。「かわさき健幸福寿プロジェクト」として7月1日から来年6月30日までの1年間を評価対象にする。事業者の意欲を高めることで利用者の要介護度が改善され、介護保険給付費を抑制につなげたい考えだ。 

 市は実施に際して参加事業所数や改善した人数の数値目標を定め、それに基づき評価する。インセンティブについては改善が認められた場合に、翌年9月に報奨金として1事業所につき5万円程度を拠出するほか、評価に応じ、市長表彰や成果を上げたことを示す認証シールの授与、市公式ウェブサイトへの掲載等を行う。

 多摩区にある地域包括支援センターのセンター長の1人は「指標を決めても、正しい評価ができるのか」と疑問を呈した。また、区内で介護事業所を運営する男性は「今までおかしいとされてきたことを改善しようというのはいいこと。介護度改善には現場の意思疎通が不可欠だが、実際には人材が不足している」と話していた。 

 市の担当者は「報奨金のほか、認証シールやサイト掲載により、事業所の信頼を高めるメリットにつながればいい」と話している。

春の無料体験スクール開催中!

黒田ギター教室/ファーストステップス登戸校 体験当日入会で入会金無料!

https://k-gs.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

親しみ込め「たまずん」

黄金色ナマズ

親しみ込め「たまずん」 社会

東菅小・工藤さんら 命名

2月26日号

遺志継ぎ、のらぼう育て

遺志継ぎ、のらぼう育て 経済

菅・高橋孝次さんの畑

2月26日号

連携や担い手、糸口探る

【Web限定記事】多摩区町会連合会

連携や担い手、糸口探る 社会

研修会 区外2団体の事例共有

2月19日号

区制50周年へ機運高め

【Web限定記事】多摩区予算案

区制50周年へ機運高め 政治

総額約12億6千万、2年連続増

2月19日号

コロナ対策に217億円

川崎市予算案

コロナ対策に217億円 政治

追加予算見据え、経営支援

2月12日号

画面越え 思い交わす

たま音楽祭

画面越え 思い交わす 文化

配信、可能性広げた2日間

2月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク