多摩区版 掲載号:2016年5月13日号 エリアトップへ

(PR)

市薬剤師会が考えるもっと便利で身近な医療の未来とは 「患者を地域で見守るための仕組みを作りたい」 患者を中心とした医療の情報連携を

掲載号:2016年5月13日号

  • LINE
  • hatena

 「以前、どんな病気にかかったのか忘れてしまった」「病院が変わったけど、どう症状を伝えていいかわからない」「どんな薬を飲んでいたのかわからない」など、患者から医師や薬剤師に情報を伝えるのは案外難しいもの。

 harmoはそんな患者の代わりに「こんな病気にかかっていた」「以前はこんな薬を飲んでいた」といった様々な情報を正確に伝え、患者をサポートしてくれる。カードだから財布に入れておけば「おくすり手帳を忘れてしまった」という心配もない。

 情報共有といっても方法は簡単。各医療機関でharmoカードをタッチするだけ。そうすることで自分の薬の履歴やアレルギー歴などの情報が医師や薬剤師に提供され、それに基づいた安心の医療サービスが受けられる。例えば休日夜間や救急を受けた後といった、普段とは違う薬局や病院で医療サービスを受ける時、患者の記憶が曖昧でも正確に情報が伝わるようになる。

 harmoの安心はセキュリティの高さにもある。カードには名前や生年月日、インターネット上にあるデータセンターには薬の履歴だけと情報を別々に保存している。万が一データセンターに不正アクセスがあっても個人を特定するデータの流出は防ぐことができる。この取組は川崎市薬剤師会が進めているもの。病院と薬局などの医療機関が連携して情報を共有し、患者に適切な医療サービスを提供する仕組みの1つだ。『もっと便利で身近な安心の医療』の実現に向けて、すでに動き始めている。

 「患者やそのご家族の皆さんの負担を軽くするためのharmoです。ぜひ活用を」と市薬剤師会は呼びかけている。
 

川崎市薬剤師会

神奈川県川崎市川崎区富士見1-1-1-5F

TEL:044-211-2325

http://www.kawayaku.or.jp/
http://www.harmo.biz/customer/?cid=nws_townnews_wbtxt_20160520_xx_01

多摩区版のピックアップ(PR)最新6

長沢の魅力 動画で

長沢の魅力 動画で

川崎純情小町☆がリポート

2月12日号

「インターネットの危険性」

川崎市人権学校

「インターネットの危険性」

2月26日からオンラインで

2月12日号

専門家に学ぶ糖尿病

多摩病院

専門家に学ぶ糖尿病

動画「10分でわかる健康講座」

2月12日号

副館長に聞く「コロナに関する葬儀」

副館長に聞く「コロナに関する葬儀」

平安会館たま ご葬儀相談受付中

2月12日号

成婚「一年以内」目標に

成婚「一年以内」目標に

川崎生田相談室だからできる

2月12日号

売るなら「税発生前」

売るなら「税発生前」

車買取専門店 アップル

2月5日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク