多摩区版 掲載号:2016年5月20日号 エリアトップへ

ヘイトデモ実態知って 溝口でパネル展

社会

掲載号:2016年5月20日号

  • LINE
  • hatena
反ヘイトの抗議活動の最中警官ともみ合いになる市民=ヤベシンタ撮影
反ヘイトの抗議活動の最中警官ともみ合いになる市民=ヤベシンタ撮影

 川崎南部で繰り返し行われている、憎悪と差別の扇動表現「ヘイトスピーチデモ」の実態を伝えるパネル展があす21日(土)、溝口駅前のキラリデッキで開かれる。

 差別デモへの抗議活動を続ける市民団体「クラック川崎」と「差別反対 女組」が共催。同会場で行われる「第22回 公害・環境、健康、街づくりフェスタ」の一角を間借りして行う。

 在日コリアンをはじめとした外国人市民に差別をあおるヘイトスピーチデモは全国的に行われ、川崎ではこれまで12回実施されている。事態の深刻化を受け、国会でヘイト根絶の法案化が審議され、今国会で成立する見込みとなった。

 パネル展では昨年11月と今年1月に川崎区で行われた記録を写真や映像で紹介し、報道資料なども展示する。会場ではカウンター(抗議)活動に参加してきたクラック川崎のメンバーらがパネルやヘイトデモの実態について説明する。

 クラック川崎の前野公彦さんは「ヘイトスピーチは共生を目指す地域社会を分断し社会・生活環境を壊すほか、青少年・児童への教育の悪影響も懸念される。近隣諸国との外交関係をベースに憎悪と差別を先導している点からも、戦争への道の重要なファクターにもなる。川崎南部の問題としてとらえず、より多くの市民に知っていただければ」と呼び掛ける。午前11時から午後3時。入場無料。

新春セール開催中!

「宝飾品」「腕時計・目覚まし時計」20%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

スケッチ 身近な景色

スケッチ 身近な景色 文化

せせらぎ館 30日まで展示

1月14日号

市内施設に物資寄付

商議所女性会

市内施設に物資寄付 社会

ベビー服や消耗品、480点

1月14日号

スマホで簡単、確定申告

川崎新田ジム

スマホで簡単、確定申告 スポーツ

古橋・黒田・伊佐 3選手がPR

1月14日号

応援券利用42億円超え

応援券利用42億円超え 経済

多摩区は5億円

1月14日号

景況感 改善も厳しく

市内中小企業

景況感 改善も厳しく 経済

川信調査 後退の見通し

1月14日号

看護職の将来設計を

看護職の将来設計を 社会

市協会、2月に座談会

1月14日号

スペース・プラン観戦バスツアー

大相撲一月場所/申込はHPか電話044-911-4715(団体営業センター)

http://www.spaceplan.co.jp/travel/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook