多摩区版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

市内のごみ処理学ぶ ジャカルタお掃除クラブ

社会

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena

 インドネシア・ジャカルタで清掃活動に取り組むボランティアグループ「ジャカルタお掃除クラブ(代表芦田洸さん)」が20日、川崎市内を訪れ日本のお掃除文化やごみ処理、資源循環について学んだ。区内で多摩川の清掃を行った後、川崎区千鳥町の港から巡視船ツアーに出発。京浜運河を見学した=写真。

 同クラブは、ゴミのポイ捨てで散らかるジャカルタの街をきれいにしようと、芦田さんら日本人が中心となり4年前に発足。当初は現地の日本人が中心だったがその活動が現地の人にも知られるようになり、現在ではメンバーのほとんどが現地の人だという。

 今回の来日は2回目。国際交流基金の助成で現地メンバー8人が来日した。「社会の一員としてのゴミ出し ルールが築く循環型社会」をテーマに、今月18日から都内周辺で掃除に取り組む団体の活動を見学している。この日は市内をNPO法人多摩川エコミュージアムのメンバーが案内。せせらぎ館近くで多摩川の清掃活動に取り組んだ後、市港湾局の巡視船で川崎港の火力発電所や工場群を見学。「かわさきエコ暮らし未来館」でごみ分別収集や処理について学んだ。

 参加したジャカルタ在住の女性リニーさんは「街がきれいで驚いた。工場の隣に公園があることがすごいと思った」と話していた。

 多摩川エコミュージアム副代表理事の升田修二さんは「ジャカルタの方たちは皆さん真剣。かつて汚れていた多摩川をどのようにきれいにしたか、関心が高い。これからも交流を続けていきたい」と話していた。

多摩区版のローカルニュース最新6

成人式、宣言下で敢行

川崎市

成人式、宣言下で敢行 社会

会場参加は前年比4割減

1月15日号

級友39人 聖マリに感謝

百合高

級友39人 聖マリに感謝 教育

寄せ書き、医療従事者へ

1月15日号

スケッチ個性溢れ

スケッチ個性溢れ 文化

せせらぎ館

1月15日号

医療現場に物資寄贈

医療現場に物資寄贈 社会

川崎西北RC、マスクほか

1月15日号

原さん、舞台で肉体美

川崎市出身 ジャニーズJr.

原さん、舞台で肉体美 文化

1月15日号

スポセン時間短縮

スポセン時間短縮 スポーツ

午後8時まで

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク