多摩区版 掲載号:2016年6月17日号 エリアトップへ

川崎新田ボクシング 三好選手 女子初の3冠 西田選手は初防衛ならず

スポーツ

掲載号:2016年6月17日号

  • LINE
  • hatena
7回にはダウンを奪った三好選手(左)
7回にはダウンを奪った三好選手(左)

 登戸・川崎新田ボクシングジム(新田渉世会長)の三好喜美佳選手(32)が7日、東洋太平洋フェザー級の王座決定戦(後楽園ホール)で判定勝ち。女子史上初の東洋太平洋3階級制覇を遂げた。メインに登場した、同ジムの東洋太平洋ミドル級王者の西田光選手(28)は判定で敗れ、初防衛に失敗した。

 東洋太平洋スーパーフェザー級のタイトルマッチを制し、バンタム級との2階級制覇を3月に達成した三好選手。今回はカイ・ジョンソン選手(34)=竹原&畑山=を3―0の判定で下し、戦績を13勝(5KO)8敗1分とした。

 体格で勝るカイ選手は再三プレッシャーをかけてきたが、ペースをつかんだ三好選手が試合を優勢に進め、7回にはダウンを奪った。三好選手は本紙インタビューに対し「自分から先にいく予定だったが空間的にいけず、自分の思ったイメージとは違った。セコンドに発破をかけてもらって、段々とペースがつかめた」と振り返り、「世界か4階級かは、自分では何ともいえない。できれば世界をやりたい」と抱負を語った。今後、フェザーとスーパーフェザーのどちらを主戦場にするか選択する予定だ。

 西田選手は同級1位のドゥワイト・リッチー選手(24)=豪州=に対し、距離を詰めきれず苦しい展開に。終盤には連打で追い詰めたが決定打が出せず、0―3の判定負けを喫した。戦績は15勝(7KO)8敗1分。日本同級王座は保持する。

メインを戦った西田選手
メインを戦った西田選手

多摩区版のトップニュース最新6

レジ袋削減 3.7万枚に

商店会エコポイント

レジ袋削減 3.7万枚に 社会

「まち協」終了も、継続へ

3月27日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 経済

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

静かに祈り、支え

震災9年

静かに祈り、支え 社会

多摩区で続く「3.11」

3月20日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

動画編集にAI活用

富士通

動画編集にAI活用 経済

市と連携 生田緑地で実験

3月13日号

親の会10団体で新組織

不登校・ひきこもり

親の会10団体で新組織 社会

冊子発行、「語る場」提供へ

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク