多摩区版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

川崎市 仕事生かし社会貢献 「プロボノ」体験を企画

社会

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena

 仕事で身につけた能力や経験をボランティア活動に生かす「プロボノ」を体験してもらおうと、川崎市が「プロボノチャレンジKAWASAKI2016」を今年10月に開催する。社会貢献や地域活動に関心がある社会人や個人事業主、勤務経験のある人を募集し、地域づくりや社会課題の解決、成果物づくりに挑戦する。また、支援を希望する地域団体やNPOも同時に募集し、参加者と団体のマッチングを図る。

 「プロボノ」とは、2000年以降、米国や英国で普及し始めた新しい形のボランティア活動。「公共善のために」を意味するラテン語「Pro Bono Publico」が由来だ。

 一般的なボランティア活動とは異なり、自身が仕事を通じて培った専門的な技術や経験を生かすことが特徴。例えば「コンピューター関係の企業に勤めている人がNPOのホームページづくりやFacebookなどの活用を支援する」「法律や法務関係の人が参加規約や同意書などのひな形作成を支援する」といったケース。仕事と社会貢献が両立できるため、会社員や経営者が参加しやすい。

7月に説明会

 この事業の事前説明会が7月6日(水)に開催される。午後7時30分から午後9時まで。会場は向ヶ丘遊園駅北口から徒歩1分の専修大学サテライトキャンパス(登戸2130の2)。参加無料。参加申し込みは、ホームページ(【URL】http://bit.ly/kwsk2016)から。当日参加も可。

 問い合わせはプロボノチャレンジ事務局【電話】03・6419・4021または市市民文化局【電話】044・200・2168。

多摩区版のローカルニュース最新6

休校、クイズで娯楽を

休校、クイズで娯楽を 教育

長沢情報紙 号外を発行

3月27日号

4月から運営再開へ

川崎寺子屋食堂

4月から運営再開へ 教育

3月27日号

暮らし物語る「便所」

日本民家園

暮らし物語る「便所」 文化

企画展、5月まで

3月27日号

助産師語る 「夢の話」

助産師語る 「夢の話」 教育

4月2日 オンラインで

3月27日号

「憲章」普及へコラボ

「憲章」普及へコラボ 社会

神奈川県と横浜ビール

3月27日号

男性の育休ガイド発行

男性の育休ガイド発行 社会

県が推進

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク