多摩区版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

市政報告 地域一丸で児童虐待防止へ 川崎市議会議員 自民党 ひろた健一

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena

 2015年度に市内3カ所の児童相談所で受け付けた児童虐待相談・通告件数が1920件でした。前年度と比べ128件増えており、過去最多の通告件数となります。中でも、種類別で最も多かったのは「心理的虐待」で110件増の1049件でした。心理的虐待とは、脅したり罵倒したりする言葉の暴力の他にも、無視や兄弟間での差別など精神的な負担を与える「見えない虐待」と言われ、これまで認知されにくいものでした。しかし心理的虐待の定義が拡大され、「子どもの前での夫婦間の暴力」が加わってからは、警察からの通告が増え、地域の方々の児童虐待に対する認知が進み、近隣の人からの子どもの泣き声通告などが多くなっていると考えられています。また、虐待者の90%以上が実母や実父というデータもあり、日常的な育児に伴う負担や不安、配偶者に対する家庭内暴力や夫婦間不和、保護者の不安定な精神状態が原因と考えられています。

各所が連携した子育て支援を

 市では、増え続ける児童虐待対策として、児童相談所や区役所の相談体制の整備に取り組んできました。

今年度は、こども家庭センターでスタッフを増員。新たに新設した地域みまもり支援センターでは地域支援担当者が地域の方々と協力し、妊娠期や出産後早期からきめ細やかな家族支援・見守りを行い、子育てに関する不安の解消や育児支援の充実に向けた取り組みを強化しています。

 児童虐待の発生予防には、迅速で的確な対応が欠かせません。児童相談所や地域みまもり支援センターが中心となり、保育所、学校、警察など関係機関と緊密な連携を図りそれぞれの強みを生かした支援をしていく必要があります。

  子どもを守ることは未来を守ることにつながります。過去に市内では、児童が虐待により死亡してしまうという痛ましい事例もありました。実母・実父や子どもとの普段からの付き合いがあれば、隣人が気付くこともあります。隣近所同士のちょっとした声の掛け合いが大切です。

ひろた健一

TEL:044-200-3357

http://xn--f9jubzer12mtrc.net/

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

高齢者のインフル接種、無料に

市政報告

高齢者のインフル接種、無料に

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

10月23日号

障がいのある児童の相談・支援体制の充実を

市政報告

障がいのある児童の相談・支援体制の充実を

川崎市議会議員 かがみまさひこ

10月9日号

新型コロナ対策の強化を‼

市政報告

新型コロナ対策の強化を‼

公明党 川崎市議会議員 河野(こうの)ゆかり

9月25日号

本市の新型コロナウイルス感染防止対策・緊急経済対策

市政報告

本市の新型コロナウイルス感染防止対策・緊急経済対策

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

9月11日号

危機に強い多摩区へ、対策徹底

市政報告Vol.2

危機に強い多摩区へ、対策徹底

川崎市議会議員 吉沢章子

8月28日号

登戸土地区画整理事業の進捗を問う!

市政報告

登戸土地区画整理事業の進捗を問う!

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

7月24日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク