多摩区版 掲載号:2016年10月14日号 エリアトップへ

(PR)

脳神経外科 脳卒中って予防できるの?

掲載号:2016年10月14日号

  • LINE
  • hatena
諌山和男院長
諌山和男院長

 脳の血管が詰まったり破れたりして、その先に酸素や栄養が届かなくなってしまい、運動麻痺や言語障害などを引き起こす脳血管障害の総称である脳卒中。一般的には60歳以上に多い症状ですが、最近では働き盛りの40〜50歳代にも目立つようになってきました。

 脳梗塞や脳出血が原因となる目めまいは症状が突然現れる場合と比較的ゆっくり現れる場合があります。後者の場合は医師の診断を受けない人も多いのが現状です。しかし脳卒中は短時間でどんどん悪化していくものです。早期発見のためには頭痛や目まい、しびれなどの症状に注意する必要があります。特に目まいは、耳から生じるものや脳から生じるもの、加齢によるものなどさまざまな種類があるため、脳が原因となる「怖い目まい」をしっかりと見分けることが大切です。

生活習慣病と動脈硬化の予防を

 脳卒中は遺伝的要素よりも血液と血管を健康に維持することを意識したほうが予防への近道と言えるでしょう。そのため、心掛けておきたいのは高血圧や高脂血症、糖尿病、不整脈、喫煙、肥満、睡眠時無呼吸などの生活習慣病を早期に治療すること。これらは動脈硬化につながる危険因子です。

 若くあり続けるための法則として、私が患者さんにお話ししていることは「一、1時間読書しなさい/十、10回笑いなさい/百、100回深呼吸しなさい/千、1000字の文字を書きなさい/万、1万歩、歩きなさい」という言葉。運動不足や興味の低下は老化の元。わくわくと毎日を過ごすことが健康の秘訣です。
 

移転オープンした本院
移転オープンした本院

多摩脳神経外科

神奈川県川崎市多摩区登戸1654

TEL:044-931-0020

http://www.tamaneuro.com

多摩区版のピックアップ(PR)最新6

ラグビーでよく聞く「脳振とう」日常生活でも起こるの?

歯科で使う顕微鏡マイクロスコープとは?

パーキンソン病かどうかはどうやって判断できますか?

「空き家・古家」の賢い対処法

後悔しない相続対策の実例を学ぶ 無料セミナー

「空き家・古家」の賢い対処法

10月21日 会場=専修大学サテライトキャンパス

10月11日号

「肩こり」はいつものこと…でも、治療できるって本当?

多摩区でもサービス続々利用可能に

お出かけ健康アプリ「楽天シニア」

多摩区でもサービス続々利用可能に

区民祭(19日)のPRブースでは抽選会も

10月11日号

コツつかみ、歌える体へ

コツつかみ、歌える体へ

向ヶ丘遊園 まずは体験

10月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク