多摩区版 掲載号:2016年10月28日号 エリアトップへ

(PR)

新規開院 肩の「夜間痛」に注意 うちの整骨院

掲載号:2016年10月28日号

  • LINE
  • hatena
1人ひとりの痛みと向き合う内野院長
1人ひとりの痛みと向き合う内野院長

 夜になると突然肩が痛む「夜間痛」という症状がある。睡眠時に肩の痛みを感じるものの昼間は痛みを感じにくいため、治療すべきものと認識している人は少ないという。

 「夜間痛は石灰沈着性腱板炎の症状の一つ。肩の奥に石灰がたまり炎症を起こしている。肩の痛みや動きにくさを感じ、夜に眠れないほどの痛みが出ることも。そのため睡眠不足など他の体調不良にもつながる」と話すのは、登戸駅近くに開院した「うちの整骨院」の内野博院長。

 同院では、筋肉がこわばる患部を奥から的確に温められるよう、電気治療だけでなく超音波を使用。手技と組み合わせた施術を展開している。また、介護施設での勤務経験も持つ内野院長は「日常生活で痛みやしびれから連鎖して起きる体調不良もある。症状に合わせて適切な対応が大切」と話している。

うちの整骨院

多摩区登戸新町367

TEL:044-934-0470

多摩区版のピックアップ(PR)最新6

ラグビーでよく聞く「脳振とう」日常生活でも起こるの?

歯科で使う顕微鏡マイクロスコープとは?

パーキンソン病かどうかはどうやって判断できますか?

「空き家・古家」の賢い対処法

後悔しない相続対策の実例を学ぶ 無料セミナー

「空き家・古家」の賢い対処法

10月21日 会場=専修大学サテライトキャンパス

10月11日号

「肩こり」はいつものこと…でも、治療できるって本当?

多摩区でもサービス続々利用可能に

お出かけ健康アプリ「楽天シニア」

多摩区でもサービス続々利用可能に

区民祭(19日)のPRブースでは抽選会も

10月11日号

コツつかみ、歌える体へ

コツつかみ、歌える体へ

向ヶ丘遊園 まずは体験

10月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク