多摩区版 掲載号:2016年11月4日号 エリアトップへ

川崎市多摩区食品衛生協会の会長に、今年度就任した 小出 善茂さん 登戸在住 61歳

掲載号:2016年11月4日号

  • LINE
  • hatena

義理人情で心ひとつに

 ○…飲食店や食品販売など、455の区内事業者が加盟する組織の新リーダーに。行政と連携し、地域の食品衛生や自主衛生管理の啓発、普及に力を注ぐ。活動の一つとして、市食協が認定する「手洗いマイスター」を最近取得した。「活動は商売と直結する。食中毒など事故を防げるように、目配り、気配りで他の関連団体とも協力しながら地域のために頑張りたい」

 ○…天保元年創業と言い伝えられる老舗「日本料理 柏屋」の長男として生まれ育った。「夜8時、9時になると宴会が始まって。三味線が子守歌だった」と幼少期に思いをはせる。地元の少年野球チームで始めた野球は捕手として中学、高校と続け、大学では少林寺拳法部へ。4段を取得し、主将も務めた。いつからともなく「自然に店を継ぐのかな、と思っていた」。料理人として仕事を覚えたい一心で、卒業後は京都で3年間修行し、故郷に帰ってきた。以来、日本料理の道をひたすら歩み続ける。

 ○…「料理人は経営者の立場にならなきゃ」。大学時代、アルバイト勤務していた都内料理店の先輩の口癖だった言葉だ。京都で修業中、収支伝票を見ては「これは高いな。あれは節約できる」と頭の中でそろばんを弾いた。社長に就いたのは2年前。地元団体や行政など多くの地元関係者が会合などで訪れる中、仕入れや献立づくりも自ら担い、料理に向き合う。「お客様に喜んで帰っていただくためには『一期一会』の気持ちで、おもてなしの心で大切にお迎えする」。その原点は昔も今も変わらない。

 ○…区画整理が進むこの地で、頭の中に描いている構想が「生まれ変わる登戸」「川崎の食の奥座敷」だ。3年後の東京五輪を見据えて店舗の完全リニューアルを視野に入れ、サービス向上に努める。「多摩食協のメンバーは義理人情にあふれていて、チームワークがいいので助かってる」。多摩区ならではの魅力を、仲間の輪を広げながら発信し続ける。

多摩区版の人物風土記最新6

望月 幸男さん

菅町会のウェブサイトで「菅のスケッチ散歩」を連載する

望月 幸男さん

菅馬場在住 81歳

7月3日号

佐藤 勝さん

創部30周年の「多摩ミニバスケットボールクラブ」で代表を務める

佐藤 勝さん

中野島在住 65歳

6月26日号

宮野 哲也さん

藤子・F・不二雄ミュージアムの館長を昨年12月から務める

宮野 哲也さん

長尾在勤 64歳

6月19日号

増田 朝光さん

多摩消防団の団長に今春就任した

増田 朝光さん

菅馬場在住 68歳

6月12日号

権平 豊さん

長尾台コミュニティバス利用者協議会の会長に今春就いた

権平 豊さん

長尾在住 64歳

6月5日号

岡本 次郎さん

今春、多摩区老人クラブ連合会の会長に着任した

岡本 次郎さん

宿河原在住 81歳

5月29日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク