多摩区版 掲載号:2016年11月4日号 エリアトップへ

インフル市内報告数 10月3週目に24人 今年は流行早めか

社会

掲載号:2016年11月4日号

  • LINE
  • hatena

 インフルエンザ疾患による学級閉鎖などの報告数が9月中旬以降、全国的に増加する中、川崎市でも先月17日、麻生区の小学校1校で学級閉鎖があるなど、昨年よりも高い発生数で推移している。市は「例年に比べて流行が早まるのでは」と注意喚起している。

前年比で急増

 市内(定点60施設)のインフルエンザ患者報告数は、9月12日〜18日の15人(昨年同期0人)を皮切りに、9月26日〜10月2日には19人、3日〜9日に10人(同0人)、10日〜16日に9人(同5人)と高い数値で推移。17日〜23日には24人(同1人)に達した。インフルエンザは例年12月から3月ごろに流行し、1月から2月にピークを迎えるが、年によっては早めに流行し始めることもあるという。

 川崎市健康安全研究所は「昨年よりも定点あたり報告数も多い状況から、早めの流行も推測できる。今年は夏場の発生状況が通常と違った感覚だったため、冬場もしっかりと見ていかなくてはならないと考えている。予防接種などの対策を早めに検討してもらいたい」としている。

 インフルエンザワクチンは、2015・16年のシーズンからA型2種、B型2種の計4種類を含んだものが導入されている。A型2種は09年以降の流行株「A/H1N1亜型」と、いわゆるA香港型「A/H3N2亜型」。B型は山形系統、ビクトリア系統。同研究所は「まだ検体数が少ないため詳細は分からないが、A型の発症が増えるかもしれない」と予測。さらに、外出後の手洗いやうがいの徹底、人ごみを避けること、マスク着用などの予防を呼びかけている。

多摩区版のトップニュース最新6

市民に開かれ40年

市緑化センター

市民に開かれ40年 社会

フェア10年 地域と共に

11月15日号

住民説明会 月末に

フロンタウン生田

住民説明会 月末に 経済

市、川崎Fと契約へ

11月15日号

ドラえもん装飾で賞

小田急線 登戸駅

ドラえもん装飾で賞 経済

グッドデザイン100に選出

11月8日号

水没品 市費修復へ

川崎市市民 ミュージアム

水没品 市費修復へ 文化

9万点は保険補償外

11月8日号

緑と20年、新時代を歩む

岡本太郎美術館

緑と20年、新時代を歩む 文化

式典に100人 期待の声

11月1日号

賞金で市内被災地支援

川崎F

賞金で市内被災地支援 スポーツ

ルヴァン杯優勝 心一つに

11月1日号

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県調査、多摩区は136区域

10月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク