多摩区版 掲載号:2016年11月11日号 エリアトップへ

日本映画学校出身で、話題作「湯を沸かすほどの熱い愛」の監督・脚本を務める 中野 量太さん 多摩区在住 43歳

掲載号:2016年11月11日号

  • LINE
  • hatena

沸き立つ情感 映画に込め

 ○…初の商業映画作品「湯を沸かすほどの熱い愛」が先月から全国ロードショー。日本映画学校(現日本映画大学)時代の「第二の故郷」・新百合ヶ丘にある川崎市アートセンターでも上映される。「ここに戻ってきたかったので、めちゃくちゃ嬉しい」と語る。同作はこれまで経験、吸収してきたことから生まれた親子の愛、人が生きること・死ぬことをユーモアも交え、描いた人間ドラマだ。「家族で観たいと思える映画にしたいと思い、挑んだ。地元の人にも観て頂きたい」

 ○…京都府出身。5歳の時に父親を亡くし、母子家庭で育った。この経験から、今作で家族愛や命を描くなど、これまでの自主映画作品でも家族の絆、人の命とは何かなどを描写してきた。バンド活動などに打ち込んだ大学時代までを京都で過ごしたが、「何か表現をしたい、音楽も映像もある映画は、その最高峰だ」と考え、卒業後、日本映画学校に入学。「映画づくりに熱中し、とにかく楽しかった。この3年間が運命を変えた」。新百合21ではよくリハーサルや稽古をし、「夢庵」は打ち上げや話し合いの場になっていたという。

 ○…時間があるときには旅。これまでタイやインド、ネパールなどのアジア各国を巡ったほか、雄大な自然が好きな北海道にも毎年足を運ぶ。「ヒッチハイクでの旅、インドでの人の死への接し方など、強烈に影響を受けている」と話す。旅で吸収したことも、作品のワンシーンに生かし、アウトプットしていく。

 ○…国内外で14の賞に輝いた前作「チチを撮りに」で評価が高まり、今作では宮沢りえ、オダギリジョーら俳優陣から脚本を読んだ上で選ばれ、豪華キャストが実現したという。「脚本にこだわっているので非常に嬉しい」。観る人を楽しませる為、至る所に伏線が張り巡らされている。「一本一本全力をかけているので、今は全て吐き出してしまった。次に全力をかけられるものを探していきたい」

多摩区版の人物風土記最新6

望月 幸男さん

菅町会のウェブサイトで「菅のスケッチ散歩」を連載する

望月 幸男さん

菅馬場在住 81歳

7月3日号

佐藤 勝さん

創部30周年の「多摩ミニバスケットボールクラブ」で代表を務める

佐藤 勝さん

中野島在住 65歳

6月26日号

宮野 哲也さん

藤子・F・不二雄ミュージアムの館長を昨年12月から務める

宮野 哲也さん

長尾在勤 64歳

6月19日号

増田 朝光さん

多摩消防団の団長に今春就任した

増田 朝光さん

菅馬場在住 68歳

6月12日号

権平 豊さん

長尾台コミュニティバス利用者協議会の会長に今春就いた

権平 豊さん

長尾在住 64歳

6月5日号

岡本 次郎さん

今春、多摩区老人クラブ連合会の会長に着任した

岡本 次郎さん

宿河原在住 81歳

5月29日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク